トップ英単語小話テニスではなぜゼロを「ラブ」と呼ぶ?

第40話:テニスではなぜゼロを「ラブ」と呼ぶ?

最近、多くのスポーツでスコアをカウントする際は、日本語ではなく英語が使われるようになりました。

英語に慣れる上では、このようにいろんなところに浸透していくことは望ましいことなのですが、ときおり「あれっ、何で?」というものがあります。

テニスの試合でのカウント方法もそうです。

tennis

以前、テニスをやっていたときに疑問に思ったのでしたが、そのときは英語を意識して勉強しているときではなかったので、調べるのはパスしていました。

ところがここ最近、やけにそのことが思い出されて、今回調べてみることにしたのでした。

ご存じの通り、テニスの試合でスコアを読み上げるときには、ゼロは「ラブ」と呼んでいます。一方が全く点を取れずに終わったゲームなどは、ラブゲームと呼ばれてしまいます。

「完勝させてくれてありがとう!愛しているよ!」
という意味で使われているわけでないことは間違いありません。

このラブを英語にすると、いうまでもなく love になります。
なぜ「愛」が「ゼロ」になるのでしょうか?

love

同じように、疑問に思ったことのある方は多いのではないでしょうか。

英文に突然 love game と出てくると、つい色っぽいことを連想してしまいそうになります。

 

「ラブ」の由来

11世紀にフランスの修道院で行われていた、手でボールを打ち返す競技が、テニスの起源だといわれています。

そしてフランスでは、卵を意味する言葉に「l‘oeuf(ロェフ)」ということばがあります。

テニスのカウントで「0」を呼ぶとき、「0」は卵に似ているので「ロェフ」と呼ぶようになり、そしてそれを「ラブ」に聞き間違えたというのが、その由来だといわれています。

その後、テニスがアメリカに普及したころにはそれを真似していたけれど、そのうちに英語流の発音に変わっていって love に落ち着いたというのです。

また他の説として、オランダ語で「名誉」を意味する「lof(ロフ)」が「ラブ」に変化したというものがあります。

中世ヨーロッパでは、テニスなどのゲームを見ながら賭け事をしていたことがあり、ときに現金の代わりに「名誉」をかけることもあったようです。

名誉はお金とは違って「形がなく」「目にみえない」もの。
そこで「何もない」という意味で、「0」につながっていったという説です。

愛か卵か、はたまた何も無い名誉か・・。
あなたはどの説を信じますか?

テニス愛好家ならきっと愛の説を信じたいところでしょうか。

■他の小話はこちらです
・第37話:イギリスのパンダカーはどんな車
・第38話:ダイエットは食事だけの意味?
・第39話:サラリーマンの語源は塩だった?
・第41話:あきらめる時投げるのは「さじ」、英語の場合は?
・第42話:「熱いイヌ」というソーセージパン


a:24182 t:7 y:16