トップ動 詞work, labor, serve

work, labor, serve「働く」意味の違い、使い分け

今回の同意語は動詞で、「働く」という意味の語についてです。
work, labor, serve の3つ。
意味やニュアンスの違いと使い分けを、まとめてみました。


① work : 働く

work

「働く、作業する、勉強する」 という意味の一般的な言葉で、肉体労働にも、頭脳労働にも用いられる。

例文:
I'm working on a book.
本を執筆中です。

He had to work seven days a week to earn his living.
彼は生計を立てるために、土日も休まずに働かなければならなかった。
 

 

② labor : 肉体労働をする

labor

「 (汗水流して) 働く、精を出して働く」 という意味の語で、特に肉体労働をすることを表す。

例文:
I will labor in the cause of humanity.
人類のために働くつもりだ。

We labored on the new house for almost a year.
私たちは家の新築工事に1年近く従事した。

③ serve : 人のために働く

serve

「 (…のために) 働く、 (…に) 仕える」 という意味の語で、公的な業務にしばしば用いられる。

例文:
She served as mayor for the rest of her life.
彼女は残りの人生を市長として奉職した。

We will do the best we can to serve you.
皆さまにでき得る限りのサービスをさせていただきます。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:310 t:1 y:5