トップ形容詞weak, feeble, frail, faint

weak, feeble, frail, faint「弱い」意味の違い、使い分け

今回は「弱い」という意味を表わす形容詞の同意語です。
weak, feeble, frail, faint の4つ。
意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめました。


① weak : (体・力・意志などが) 弱い

weak

(体・力・意志などが) 弱いという意味の、最も一般的な語。

例文:
The weak young boy was teased at school.
その弱い男の子は、学校でいじめられた。

I have never seen my husband look so weak.
夫がこんなに弱って見えたことはありません。

He became weak with consequence of year
彼も年のせいで弱くなった。

 

② feeble : (体力・精神力が) 貧弱な

feeble

哀れなほど体が弱いこと。また力や勢いが弱いこと。

例文:
Until then, I was not a feeble old man.
その時までは、私はか弱い老人じゃなかった。

The old man was so feeble that he could hardly make it to the men's room.
その老人ほひどく体が弱っていたので、やっとのことでトイレにたどリ着いた。

③ frail : もろく、壊れやすいこと

frail

体がか弱いこと。また物の作りがもろいこと、壊れやすいこと。

例文:
A frail person gets the damage first.
虚弱な人から被害を受けます。

After one week without food the monk was very frail.
1週間何も食べなかったので、その修道士はとても体が弱っていた。

④ faint : 弱く、かすかなこと

faint

音・光・においなどが弱いこと、かすかなこと。
また脈など、体の働きが弱々しいこと。

例文:
We waited with a faint expectation.
我々はほのかな期待を待って待った。

They were delighted to see a faint light shining in the distance.
遠くに見えるかすかな明かりに、波らは小躍りした。

I thought it was a full-fledged pale ale with a faint sweetness and bitterness.
ほのかな甘さと苦みで本格的なペールエールと思いました。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:142 t:2 y:2