トップ名 詞umpire, referee, judge

umpire, referee, judge「審判」意味の違い、使い分け

今回は名詞の同意語で、「審判」という意味を持つ単語について。
umpire, referee, judge の3つ。
意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① umpire : 移動しない審判

umpire

テニス・野球・バレーボール・卓球・バドミントン・水泳などの、移動しない審判。

例文:
I was asked to umpire the game.
私はその試合の審判をするように頼まれた。

It is not easy to be an umpire today.
今日では審判になるのは容易ではない。

 

② referee : 移動する審判

referee

ボクシング・レスリング・ラグビー・バスケットボール・ホッケー・サッカー・スカッシュなどの、移動する審判。

例文:
If they cannot agree, the referee decides.
同意に至ることができない場合は、レフリーが決定します。

A referee writes the match results on the score sheet.
試合結果はレフリーがスコアシートに記入します。

③ judge : 競技一般の審査員

judge

競技一般の審判・審査員。

例文:
The scores from the expert judge review determine the finalists.
専門家からの得点により、審査員は最終候補を決定します。

The judges at the tournament looked very tired after the big argument.
激しい口諭の後、大会の審判たちはずいぶん疲れた様子をしていた。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:834 t:5 y:7