トップ動 詞think, consider, regard

think, consider, regard「考える」意味の違い、使い分け

今回は動詞「考える」の同意語です。
think, consider, regard の3つの単語について。
意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① think : 考える

think

「考える」 という意味での最も一般的な語です。

例文:
Japanese people tend to think that way.
日本人はそのように考える傾向がある。

Recently I often think about my future.
最近私は、自分の将来について考えることが多い。

It‘s apparent that you don't think 100 much when you work.
君がろくに頭も使わずに仕事をしていることははっきりしている。

 

② consider : 熟考する

consider

決断や行動の前に、じっくりと考え細かな注意を払うこと。また、「…を~とみなす」という意味も持っている。

例文:
You didn't consider my feelings at all.
あなたは私の気持ちなんてちっとも考えてくれなかった。

Before you buy something, you should consider its price.
ものを買う前にはまず値段をよく検討しなさい。

The water is no longer considered safe to drink.
その水はもはや飲料用として安全とは見なされていません。

③ regard : ~と見なす

regard

「(~をある性質や役割だと) 見なす、思う」 という意味。また「(ある) 感情・態度をもって) ~のことを考える」 という意味も持っている。

例文:
It's your advice that I regard with the most respect.
私が一番尊重しているのはあなたのアドバイスです。

It is not appropriate to regard the average as the income of typical people.
平均値を典型的な国民の所得と見なすのは間違いである.

We regard peace and stability in Iraq as a crucial objective.
我々は、イラクにおける平和と安定を極めて重要な目標と見なす。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:86 t:2 y:0