トップ名 詞smell, scent

smell, scent「香り」意味の違い、使い分け

今回は「臭い、香り」という意味の名詞の同意語について。
smell, scent の2つの語になります。意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① smell : (どちらかというと) 悪臭

smell

よい香りにも、悪い臭いにも使うことができますが、どちらかというと悪臭の意味で用いられる頻度のほうが高い言葉です。

Something smells. は通常、「悪臭がする」という意味になります。
ただし smell を用いて a nice smell(良いにおい)と言うことも可能です。

例文:
There is a strange smell in this room.
この部屋は変な臭いがする。

The spoiled meat had a nasty smell.
その腐った肉はひどく不快な匂いがした。

It has an unusual taste and smell.
それは珍しい味と香りを持っています。

 

② scent : (心地良い) 香り

scent

smell と同様、臭いという意味ですが、とても心地良いほのかな香りである場合がほとんどです。

例文:
There is a nice scent in this room.
この部屋はいい香りがする。

Her exotic perfume has a subtle scent.
彼女の外国製の香水はほのかな香りがする。

A scent of pineapple drifts outside the station.
駅の外にはパイナップルの香りが漂っています。

③ 使い分けの例 :

「香水の臭い」
◎ the smell of perfume
◎ the scent of perfume
その香水の臭いをその人が嫌いなら「the smell of perfume」、好きであるならば「the scent of perfume」を使うのが良いでしょう。

「心地よい香り」
○ a pleasant smell
◎ a pleasant scent
どちらも一般的な表現ですが、scent の方が smell よりも心地良く感じられる表現になります。

「控え目な香り」
○ a soft smell
◎ a soft scent   
どちらも意味は通じるが、scent のほうが控えめな香りとなる。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:242 t:2 y:0