トップ形容詞pure, genuine, solid, sincere

pure, genuine, solid, sincere「純粋な」意味の違い、使い分け

「純粋な人です」と言いたいときに、あなたはどの単語を使ってそれを表現するでしょうか ?

今回は、形容詞「純粋な」の同意語で、
pure, genuine, solid, sincereの4つについてです。
意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① pure : 混じりけのない

pure

不純物がまったく含まれていないことを表す。
心に汚れのない場合にも用いられる。

例文:
The child had a pure heart.
その子は純粋な心を持っていた。

The Japanese believe that white is pure color.
日本人は、白は純粋な色だと信じています。

The pure gold bars weighed so much that I could only steal six of them.
その純金の延べ棒はとても重くて、私は6本しか盗み出せなかった。

 

② genuine : 本物の

genuine

感情などに偽りがないこと。
また、「偽物でない」 「(血統が) 純粋な」 の意味でも用いられる。
mimic (偽の、模倣の) の反意語です。

例文:
This is an genuine picture by Picasso.
これはピカソの本物の絵です。

I would like to have a genuine tiger carpet.
本物の虎の敷物が欲しいのですが。

Compare this genuine jewel with that imitation.
この本物の宝石とその偽物とを比較してみなさい。

③ solid : 無垢の

solid

金・銀・木などの材質が、中まで同一同質であること。

例文:
This bracelet is solid gold.
このブレスレットは全部金でできています。

It can also be applied to beautiful solid wood.
それは美しい無垢材にも対応しています。

The spoon is made of solid aluminum.
其のスプーンは無垢のアルミニウムで作られている。

④ sincere : 偽りのない

sincere

言動・感情などに偽りがないこと。

例文:
His sincere apology got him off the hook.
彼は心から謝罪したので許してもらえた。

He is a very sincere person.
彼はとても誠実な人だ。

Our relationship was sincere and genuine.
私たちの関係は誠実で純粋なものでした。 

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:497 t:4 y:0