トップ名 詞profession, occupation

がん具の

profession, occupation「職業」意味の違い、使い分け

会話の中でよく「職業」という言葉を使いますが、同じ意味を持つ語として2つあります。professionoccupation という名詞ですが、どのように使い分けているでしょうか。

今回は、その意味の違いと使い分けについてまとめてみました。


① profession : (専門的知的な) 職業

profession

一生懸命働いたり勉強しなければ、その職に就けないような職業を指します。過去においては法律、医学、神学などに携わる職業のみを指していましたが、現在では他の職業にも使うようになっています。

誰かの職業を尋ねるときに、もしも、
What is your profession?
と尋ねた場合、尋ねた自分が弁護士か医者であることを自慢しているように響いてしまいます。しかし、occupationを便った場合は、そのように響くことはありません。

例文:
Being a teacher is truly a noble profession.
教師という職業は、まさに崇高な専門職です。

I'm a lawyer. What is your profession?
私は弁護士です。あなたの職業は何ですか?

 

② occupation : (生計を立てるための) 職業

occupation

生計を立てるために継続して行うような仕事であれば、どのような種類の職業にも使うことができる語です。

例文:
He chose the artist as his occupation.
彼は職業として画家を選んだ。

I'm a cook. What's your occupation?
私はコックです。あなたの職業は何ですか?

③ 使い分けの例

「医者業界」
◎ the medical profession
× the medical occupation
the medical professionは医療業界を指す一般的な表現。
the medical occupationのようlこは決して言わない。

「危険な職業」
○ a hazardous profession
◎ a hazardous occupation
どちらの表現も使うことができるが、通常professionには危険が伴わない。
それに対してoccupationは、あらゆる種類の職業に当てはまるのでhazardousな可能性も多分にあり得る。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:931 t:1 y:4