トップ動 詞imitate, copy, mimic, mock

imitate, copy, mimic, mock「真似る」意味の違い、使い分け

今回は「真似る」という意味の動詞の同意語です。
imitate, copy, mimic, mock の4つについて。
意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① imitate : 模倣する

imitate

だいたいのところを摸倣すること。
もとのものとの完全な一致は、必ずしも意味していない。

例文:
Children imitate their parents' habits.
子どもは両親の習慣を真似るものだ。

You have a unique capability that no one else can imitate.
皆さんには他の人に真似ることのできない才能が備わっています。

He made efforts to imitate the great inventor's way of thinking.
彼はその偉大な発明家の考え方を真似ようと努力した。

 

② copy : そっくり真似る

copy

そっくりに真似ること。

例文:
I'll copy the drawing.
ぼくが絵を写すね。

She copied her brother's good points.
彼女は兄さんの良いところを真似た。

Not only can they read them, but they copy them.
ただ読み取るだけでなく真似ることもできます。

③ mimic : からかいで真似る

mimic

物まねして、からかう(ふざける)こと。

例文:
A parrot can mimic a person's voice.
オウムは人の声を真似ることができる。

He used to mimic the science teacher after the class.
彼は授業の後でよく理科の先生のもの真似をしたものだ。

They could point at the visual object, or they could mimic the whistle.
目に見える対象物を指し示し ホイッスル音をまねることもできます

④ mock : 馬鹿にして真似る

mock

からかったり侮辱するため、物まねすること。

例文:
Don't mock me.
馬鹿にするな。

She mocked the tone-deaf boy.
彼女は音痴の少年をまねてからかった。

The teenager mocked the teacher behind his back.
少年はすぐ後ろで教師のまねをしてふざけた。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:666 t:5 y:1