トップ形容詞good,excellent,outstanding,superior,exceptional

good,excellent,outstanding,superior,exceptional「優れた」意味の違い、使い分け

今回は「優れた」という意味の同意語です。
good,excellent,outstanding,superior,exceptional の5つ。
意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめました。


① good, excellent : 良い、優れた

goodexcellent

どちらも「良い、優れている」という意味で、広く用いられる語になります。
excellent の方はより意味の強い語で、最高の褒め言葉となることが多い。

例文:
His exam results were very good.
彼の試験の結果はとても良かった。

My grandfather is in excellent health.
私の祖父はすこぶる健康です。

 

② outstanding : 傑出した

outstanding

同種のものの中で、ズバぬけて抜きんでていることを表す。

例文:
This is an outstanding piece of work.
これは見事な作品です。

She unites outstanding talent with captivating charm.
彼女は卓越した才能とチャーミングな魅力を併せ持っている。

③ superior : より優れている

superior

同種のものと比較して、より優れていること。

例文:
This car is clearly superior扣that one in terms of fuel economy.
この車は燃費の点で、あれよりも明らかに優れている。

Performance gains are achieved using a superior network.
優れたネットワークを使用することでパフォーマンスの向上が達成される。

④ exceptional : 並外れて

exceptional

並外れて優れていることを表し、人や業績などに多く用いられる語となっている。

例文:
That gentleman is an exceptional person.
あの男性は非常に優れた人間です。

The school do an exceptional job in training new engineers.
その学校は、新しいエンジニアの養成で非常に優れた業積を残している。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:1222 t:5 y:5