トップ前置詞during, over, within, all through,..

during, over, within, all through, in the course of ~「~の間」意味の違い、使い分け

今回は前置詞で「~の間」という意味を持つ同意語、
during, over, within, all through, in the course of
の5つについてです。

それぞれの意味としては、「~の間に、~にかけて、~以内に、~の間ずっと、~の過程で」というようになっていてわかりにくいので、その違いと使い分けについて、整理してみました。


① during : ~の期間中に

ラテン語の「durare=続く、継統する」という動詞を語源とする語で、話題の中心となっている期間、継続して何かが行われる、あるいは何らかの状態が保たれるような、特定の期間を表します。

during は「前置詞」なので、あとには文ではなくて名詞か名詞句がくることになります。

例文:
Swiss remained neutral during World War II.
スイスは、第二次世界大戦中は中立を保ちました。

I went to Philippines during the summer vacation.
わたしは夏休みの間、フィリピンに行きました。
 

 

② over : ~にかけて

ある期間中のいずれかの時点や、過去の状態を指して話をする場合に、使われる表現です。

例文:
I'm going to Kyoto over the weekend.
私は週末にかけて京都へ行くつもりだ。

I'll be busy over the next few weeks.
私はこれから数週間忙しくなります。

③ within : ~以内に

ある期間内に、またはある期間が終了する前に、何らかのことをする必要があると強調する場合に用いられる表現。

相手に対して締め切りを連絡する場合や、いつまでに終わらせるつもりであるかを言うようなとき。

withinのあとには時間を示す言葉に限らず、様々な語をつなげることができる。

例文:
Come back within 10 minutes.
10分以内に戻って来るように。

Smoking is prohibited within the airport premises.
その空港の敷地内では喫煙が禁止されている。
 

 

④ all through : ~を通してずっと

duringよりもさらに「ずっと」というニュアンスを、明確かつ強くする表現が all through。throughには「~を通して、~を通って」という意味がありますが、all つくと、「~を通してずっと」という意味合いになります。

例文:
They danced all through the night.
彼らは夜通し踊りました。

We stayed with them all through the summer.
私たちは、夏の間ずっと彼らの家に滞在した。

⑤ in the course of ~ : ~の過程で

「~の過程で」 という意味ですが、この表現自体がややかためのフォーマルな表現なため、あとには学術的な言葉が続く場合が多い。

例文:
He met many fascinating people in the course of his travels.
彼は旅行の間に多くの魅力的な人たちと出会った。

An accident occurred in the course of his employment.
彼の雇用の過程で事件が起きた。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:9111 t:4 y:3