トップ動 詞depend on, it depends, up to

depend on,it depends,up to 「〜による」意味の違い、使い分け

日常英会話の中でよく出てくる、「場合による」という意味を表す複数の表現について。depend on, it depends, up to の3つ。意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① depend on : 〜次第だ

depend on

「頼る、依存する」 などの意味で、口語的に広く用いられる表現であるが、ここでは「場合による、〜による、〜次第だ」という意味を表し、その条件を相手に伝えるときに使う表現となっている。

例文:
It depends on the situation.
それは状況によります。

Your future depends on your efforts.
あなたの将来は、あなたの努力次第です。

The travel time depends on traffic.
移動時間は道路状況による。

 

② it depends : 場合による

It depends

「場合による、〜による、〜次第だ」 という意味を表しており、状況や場合などによって結果が変わるときに、そのことを伝えるための表現である。

例文:
If Mike Tyson and Bruce Lee fight, do you think who will win?
もしマイク・タイソンとブルース・リーが戦ったらどっちが勝つと思う?

 It depends.
 場合によるよ。

I may not play. It depends how tired I am.
プレイはしないかも知れない。それは私がどれだけ疲れているかによる。

③ up to 〜 : 〜による

up to

「〜による、〜次第だ」 という意味で、depend on や it depends と同じような意味の表現であるが、相手の決断を促すような場面において使われる。

例文:
It's up to you.
それはあなた次第です。

It's up to you to decide.
決めるのはあなただ。

It's up to you to tell the truth.
事実を言うかどうかは本人任せだ。

It's up to all of us to help solve the problems.
その問題を解決するのは私たち全員次第だ。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:100 t:1 y:1