トップ動 詞consult, confer with, consult with, talk with

consult, confer with, consult with, talk with「相談する」意味の違い、使い分け

今回は動詞で、「相談する」の同意語です。
consult, confer with, consult with, talk withの4つ。
意味やニュアンスの違い、使い分けについてまとめてみました。


① consult : 助言を求める

② confer with : 助言を求める

consult

どちらも「相談する、協議する、助言を求める」という意味をもつ語で、専門家などに意見や助言を求めることを表す。どちらかというと、[格式語] のグループに入る表現。

例文:
In such case, immediately consult a physician.
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

He had to consult a doctor to decide whether he could go on a long trip.
彼は長期の旅行ができるかどうか、医者に相談して決めなければならなかった。

She conferred with her lawyer about her will.
彼女は遺言書のことで弁護士に相談した。

I need to confer with a lawyer about the accident.
私はその事故について、弁護士と相談する必要がある。

 

③ consult with : 協議する

consult with

「意見を交換する、話し合う、相談する」という意味の、やや格式ばった言い方。専門家などに助言を求める consult に対して、with を用いるときは相談相手は相談者と対等な関係となる。

例文:
I just need to consult with Ken about the design.
そのデザインについてケンに相談しなければ。

There is no necessity for you to consult with him.
あなたは彼に相談する必要はありません。

④ talk with : 相談する

talk with

人と対等の立場で話し合うことで、同僚・親・友人などとの相談に用いられる。
・talk with a friend    友人と話す
・talk with a pharmacist 薬剤師に相談する

例文:
I talked with a couple of my friends about the homework.
2、3人の友達に、宿題のことで相談した。

He decided to consult with his family about his plan to change his job.
彼は仕事を変えることについて、家族に相談することにした。

I really want to thank you a lot for talking with us.
私たちとお話ししてくださって本当にありがとうございました。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:125 t:2 y:4