トップ接続詞whether, if

whether, if「~かどうか」意味の違いと使い分け

ifwhether はどちらも「~かどうか」と言う意味で、同じように
使われることをご存知だったでしょうか。

学生のときには、if は「もしも~なら」で、whether は「~かどう
か」と教えられ、特に迷うことはありませんでした。

しかし、ずい分あとになって、ネイティブの人が「~かどうか」とい
う表現の際、if を使っているのを見た(聞いた)のです。

あれっと思って調べてみると、「~かどうか」と表現するときには if
も使えるということがわかりました。

そのことを知った後は whether よりもむしろ if を多く使ってきたよ
うに思います。ネイティブの人が if を何度も使っていたことが、頭か
ら離れなかっためですね。

しかし、厳密に言うと、やはり違う部分があることがわかりましたの
で、ここにその違いや使い方について、例を上げて整理しておきたい
と思います。

whether if


① whether:~かどうか

「~かどうか」の意味で使われるが、if よりは堅い表現である。

例文 :
・I don’t know whether he went to the library yesterday.
 わたしはは昨日、彼が図書館に行ったかどうか知らない。

 

② if:~かどうか(他に「もし~ならば、たとえ~としても」)

if の方がより口語的なので、会話などでは if の方が多く使われる。
動詞の目的語になる場合は、どちらでも使用可能です。

しかし、if にはいくつかの制約があります。

語法上での制約:
次の5つのパターンのときは、if を使うことができません。

1)主語になる場合
  Whether he will come is not certain.

2)補語になる場合
 The problem is whether he will come or not.

3)or notをすぐ後ろにつけたい時
 Jim asked me whether or not I had seen his sister.

4)目的語として用いられる場合
 I don't know whether he is free this afternoon.

5)不定詞をすぐ後ろに置きたい時
 I wounded whether to wait on for him or leave.

これら以外の場合は、どちらを使ってもOKです。

意味を示す上での違い:
 ifには、「もし~ならば」という意味があるので、・I want know if you know about it.の意味としては

「私はあなたがそれについて知っているなら知りたい」
「私はあなたがそれについて知っているかを知りたい」 
と2つの意味にとれます。

もしも会話で使うのなら、会話の前後関係からどちらの意味かを知る必要があります。

ここで、whether を使ったなら、

・I want know wheter you know about it.
 私はあなたがそれについて知っているかを知りたい。

となり、意味が限定されることになります。

従って明確にしたい場合は、whether の方が良いということになります。

カジュアルな話し言葉では If が使われることが多いのですが、きちんとしたスピーチや何かの原稿を書いたりするような場合は、うまく使い分けた方がよさそうですね。

前:until now, so far<  >次:while, during
副 詞 / 動 詞 / 形容詞 / 名 詞 / 時 間 / 場 所 / 前置詞 / その他
 

◆トップへ戻る
a:240632 t:35 y:81