トップ形容詞valuable, precious, invaluable

valuable, precious, invaluable「貴重な」意味違い

今日は「貴重な」の同意語です。
valuable, precious, invaluable の3つの語。

いずれも似たような意味なのですが、そのニュアンスはずい分違うような気がしたので、その使い方や使い分け方を調べてみました。

下記のような例があったのでよく意味を感じるようにしてみたら、その違いのニュアンスの片りんがわかったような気がします。詳細は本文にて。

valuable goods    貴重品      (価値のある・・)
precious customer   大切な顧客    (大切な・・・・)
invaluable experience 掛け替えのない経験(掛け替えのない)


valuable : 金銭的な価値や有用性が高い

そのものに何か高い価値(value)があることを表します。特に金銭的な価値や有用性などにおいて、実際的な利用価値を指す場合に使われます。

役に立つもの、有益なものという意味の名詞とむすびついて、それが役に立つ、有益であるという付加価値を持っていることを表します。

例文:
She is a valuable person to me.
彼女は私にとって大切な人だ。

Clean water is a valuable resource.
きれいな水は貴重な資源だ。

That is my valuable experience.
それは私の貴重な経験です。

 

precious : 他に換えがたい固有の高い価値を持つ

そのもの自体に、固有の非常に高い価値があって、他に換えがたい貴重なものであることを表します。

したがって、precious なものとは、それ自体が非常に数が少なく得がたいもの、例えば希少な金属や物質、石、あるいは時間といったような、他に換えることのできないものに対して使われます。

希少なもの    metals, substance, stone, time
代替できないもの resource

例文:
Salt was a precious substance in the Middle Ages.
塩は中世では貴重品であった。

Nothing is more precious than time.
時間ほど大切なものはない.

I thought that health was the most precious.
私は健康が最も大切だと思った。

invaluable: 値がつけられないほど極めて高い価値がある

valuable に否定の意味を表わす接頭辞 in- がついたもので、価値をつけられないほど貴重な・・という意味。そのように逆説的な言い方により、極めて高い価値があることを表します。

したがって valuable と同様に、非常に有益なものや稀な出来事に対して使います。

また、同様の意味を表わす形容詞priceless がありますが、接頭辞の -less も「…がない」という否定の意味になるので、価格をつけられないほど高価で貴重なという意味になるので注意しましょう。

例文:
A healthy smile is an invaluable asset!
健康的な微笑みは、実に貴重なものですね。

Her help has been invaluable.
彼女の援助は非常に貴重なものであった。

He is an invaluable asset to the company.
彼は会社にとって非常に貴重な存在です。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:21923 t:10 y:11