スポンサーリンク   トップ形容詞tooとenoughの使い分け

tooとenoughの使い分け

 too は副詞で「あまりにも、~すぎる」という意味。

 また、enoughは、形容詞では「十分な、足りるくらいの」、副詞では
 「十分に」という、同じような意味になります。

 今回はこれらの同義語の違いと使い方について整理してみました。


tooの使い方

 名詞の前に manymuch を置くと「多すぎる○○」という表現にな
 ります。

 ■too + 形容詞

 ・I went to bed too late last night.
  昨晩、就寝するのが遅すぎました。

 ・You're never too old to learn.
  学ぶのに遅過ぎることはない。

 ■too many + 数えられる名詞

 ・There are too many books on the table.
  机の上に本があり過ぎます。

 Too many characters confused the audience.
  多過ぎる登場人物が観客を混乱させました。

 ■too much + 数えられない名詞

 ・I'm not going to travel because it'll cost too much money.
  お金がかかり過ぎるので、わたしは旅行に行きません。

 ・I have too much homework.
  あまりにも多くの宿題を抱えている。

enoughの使い方

 形容詞や副詞と組み合わせる場合には、順番がうしろになります。

 ・肯定の場合は 「十分な」    enough
 ・否定の場合は 「十分ではない」 not enough

 ■enough + 名詞

 ・He didn't get a new job because he didn't have enough experience.
  彼は十分な経験がなかったため、新しい仕事を手にすることが出来なかった。

 ・I don't get enough exercise.
  わたしは運動不足です。

 ■形容詞 + enough

 ・She is not old enough to get married.
  彼女は結婚するのに十分な年齢ではなかった。

 ・It isn't good enough.
  これではだめだ.

 ■副詞 + enough

 ・She didn't play well enough.
  彼女の演奏は満足できるものではなかった。

 ・You don't try hard enough.
  あなたは頑張りが足りない。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:17052 t:7 y:18