トップ名 詞sweat, perspiration

sweat, perspiration「汗」意味の違い、使い分け

今回の類義語は名詞で、「汗」という意味をもつ sweatperspiration の2つ。
sweat は普段の会話でよく使いますが、perspiration は特定のケースでないとあまり耳にすることはないかも知れません。

あらためて、これら2つのニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① sweat : (日常的用語での) 汗

sweat

「汗」を表す一般的な語で、「大量の汗」や「汗臭い」などのニュアンスを含みもつ表現となります。

例文:
A good sweat will cure a cold.
十分汗をかけば風邪も治る。

She wiped the sweat of the face.
彼女は顔の汗をふいた。

I felt the sweat trickle down my brow.
汗が額を滴り落ちるのを感じた。
 

 

② perspiration : (専門的用語での) 汗

sweat

同じ「汗」という意味をもつ語ですが、sweat よりも上品で専門的な語となります。perspiration は少量の汗を意味することもあり、普段の多めの汗を表すときに使ったりすると、少しおかしな響きになってしまいます。

perspirationsweat の正式な言い方であり、フォーマルで学術的・医学的な言い方となります。(汗というよりは、発汗という意味合い)

例文:
His brow was beaded with perspiration.
彼の額は玉の汗だった。

Perspiration formed on his forehead.
彼は額に汗をかいていた。

I was wondering if you could smell some perspiration for me.
この匂いを嗅いで欲しくてそれを待ってたんだ。

③ 使い分けの例

「流れる汗」 という場合:
流れるくらいの大量の汗の場合は、sweat を使って表現します。
pouring perspiration ではなく pouring sweat とするのがベター。 

「制汗剤のスプレー」 という場合:
anti-perspiration spray とするのが適切。
anti-sweat spray でも意味は通じるが、通常は anti-perspiration spray としか言わない。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:259 t:2 y:0