スポンサーリンク   トップ名 詞student, pupil

student, pupil「学生」意味の違い、使い分け

「学生」という意味を表す語には、次の2つがあげられます。student pupil.

中学のときからこの2つの語は知っていて、その違いは「学生」と「生徒」というイメージで、何となくわかっていたつもりでした。しかしそのニュアンスの違いで正しいのか、その使い方も含めて確認をしてみました。よく理解して正しく使い分けたいものです。

pupil


student : 学生、生徒

小学校(elementary school or grade school or primary school)、
中学校(junior high school or middle school)、
高校(high school or senior high school)、
または大学などで勉強しているあらゆる学生を指して用いられます。
ときには、研究をしている人を指すこともあります。

student teacher教育実習生
honor student優等生
graduate student大学院生
a student of ~~の研究者

例文:
・Rick was an all-A student in high school.
 リックは高校でオールAの学生であった。

・He considers himself a student of human nature.
 彼は自分自身を人間性を追求する研究者と考えている。

・There are 35 students in Ms. Lisa's third grade class.
 リサ先生の3年生のクラスには35人の生徒がいる。

pupil : 小学校の生徒

教えられている子供(a child)を指し、一般に小学校の生徒を意味している。
なお,米国でも英国でもpupilは小学生<らいの学生に対して用いられるが、米国ではpupilもstudentの中に含まれるのに対して、英国ではpupil と student は区別して使われています。

例文:
・He proved an intelligent pupil.
 彼は聡明な生徒だと分かった。

・She praised the pupil for his honesty.
 彼女はその生徒の正直さを誉めた。

・Grade school pupils are expected to ask their teacher many questions.
 小学校の生徒は、先生にたくさん質問するように期待されている。
 
スポンサーリンク

a:243 t:6 y:6