トップ名 詞sample, example

sample, example「見本」意味の違い、使い分け

今回は名詞の同意語で、「見本」というような意味を表す sampleexample の2つについてです。

どちらも、よく耳にする言葉です。仕事や学校などのあちこちで。かなりポピュラーになっている語で、ニュアンスの違いもわかっていると思います。

しかし、そのような語であっても、日本語的解釈と英語の解釈が必ずしも同じとは限らないので、あえてその違いと使い分けを整理してみました。


① sample : 見本

sample明

sample は、通常、大量にあるものを代表的に示すため、全体より一部分を抜き出して示すもののことを言います。

例文:
Click here to download the sample.
サンプルをダウンロードするにはここをクリックしてください。

Please give me some samples of your writing.
あなたが書いたものの見本をいくつかください。
 

 

② example : 例

example

example は、全体を代表するものということはありませんが、理解や学習に役立つ情報を例として示したものになります。

すでにその違いは認識されていると思いますが、あらためて書いた場合、sample と example は似ていますがまったく別の意味をもっています。混同されないようご注意を。

例文:
This example produces the following table.
この例では次のテーブルが生成されます。

Please give me some examples to help me understand.
私が理解できるようにいくつかの列を挙げてください。

③ 使い分けの例

「例文」 という場合:
a sample sentence」と言っても「an example sentence」としても正しい表現となりますが、その意味としては少し異なることになります。

上に説明あったように、「a sample sentence」は全体の一部を見本として示すもので、「an example sentence」は何かをわかりやすく説明するための例文ということになります。

「素材の見本」 という場合:
fabric samples」が正しい表現です。大量の素材を代表的に示すための一部分なので sample を使います。example は間違い。

「役立つ実例」 という場合:
理解や学習に役立つ例なので、example を使います。
a helpful example」が正解。「a helpful sample」は間違い。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:86 t:1 y:0