トップ名 詞result, effect, consequence

result, effect, consequence「結果」違い、使い分け

今回は「結果」の同意語である3つの単語、
 result, effect, consequence
におけるそれぞれの使い方、また意味の違いと使い分けについて、調査しました。


① result : 物事の最終的な結果

過去の出来事や人の行動が引き起こす「結果」のことを意味します。
どのような結果なのかを説明する形容詞
 ・直接の   direct
 ・良い    positive
を多く使います。

またそれ以外にも、試合・試験・選挙の最終的な数値のことも意味します。ですから、
 ・最後の   final
 ・実験の   experimental
のような語が用いられます。

例文:
・Olympic participation is more important than the result.
 オリンピックは結果よりも参加することが重要である。

・What was the final result of your exam ?
 試験の最終結果はどうでしたか?

・The results are there for all to see.
 その結果は誰もが認めるところだ。

 

② effect : 原因がもたらす直接的な影響

過去の事柄や人の行動の影響によって引き起こされる「結果」を意味します。

result と異なるのは、状況だけではなく、人物に対しても結果が影響を及ぼすという文脈で使われる点です。

良い結果にも悪い結果にも用いられるのが特徴的です。

例文:
・Insomnia is the effect of too much caffeine-containing beverage intake.
 不眠(症)は、カフェイン含有飲料の取り過ぎの結果です。

・My increased vocabulary is a direct effect of reading more.
 語彙が増えたのはさらに読書したからに他ならない。

・The effects of the strike have already started.
 ストライキの影響がすでに出始めています。
 

 

③ consequence : 特に悪い結果

人の行動や判断などが引き起こした「結果」のことですが、悪い結果を意味することが多いようです。

ですから、
 ・ひどい   disastorous
 ・有害な   adverse
などの形容詞を多く用います。

他には、どのような結果なのかを説明する形容詞
 ・不可避の  inevitable
 ・深刻な   serious
 ・直接の   direct
もよく使われます。

例文:
・Responsibility means accepting the consequences of your actions.
 責任とは、自分の行動の結果を受け入れることだ。

・Being a somoker had disastrous consequences on his body.
 彼は喫煙者だったので、体にひどい影響が出た。
 

◆トップへ戻る
a:40803 t:5 y:29