トップ副 詞probably, perhaps, maybe

probably, perhaps, maybe 多分 違い、使い分け

「多分、恐らく」という語句は会話の中ではとても良く使います。
わたしはいくつかある単語の中で使い慣れたものを、自分の理解しているニュアンスに従ってそれなりに使い分けています。

しかし良く使う単語だけにその微妙なニュアンスを理解して、適切に使いたいものです。

この単語は相手に可能性を伝える時に使うものなので、適切に使わないと相手に過大な期待を与えて、あとでがっかりさせることにもなりかねません。

そのため今回はこの「多分」の同意語について、それぞれの示すニュアンスについて整理してみました。

多分


良く使う単語と確率

いろいろと調べてみると、少し違う結論を書いている記事もありますが、大方の結果は、次の通りでした。

probably > likely > perhaps > maybe > possibly

そして、それぞれの可能性を表す確率を分かり易くするために、あえて数字を使って表してみると、

① probably80~90%十中八九は高い確実性で
② likely70%おそらく、あり得る
③ perhaps30~50%おそらく、ことによると
④ maybe30~50%おそらく、もしかすると
⑤ possibly20%ひょっとすると

という結果になりました。

 

文中での位置

probably      通例文中で、ときに文頭・文尾で用いる
maybe/perhaps  通例文頭で、ときに文中・文尾で用いる
possibly       文頭・文中・文尾のいずれでも普通に用いる

・また、いずれの語も否定語の後では用いない。

例文〉たぶん彼は来ないだろう
 ○ He will probably not come.
 ○ He probably won't come.
 × He will not probably come.

使い方

probably, maybe, perhaps, possibly の4語は、相手に同意したり質問に答えたりするときに単独でも用いる。 しかし、likely は否定文の場合を除き、most, very などの修飾を伴います。

例文:
彼はあす来るだろうか
Will he come tomorrow?

たぶん来るだろう
Probably. または Most likely.

たぶん来ないだろう
Probably not. または Most not likely.
 

 

例文

彼はたぶん今日電話をしてくるでしょう
He'll probably call me up today.
 × He is probable to call....は間違い。

たぶん彼は病気だろう
Perhaps he is sick.

それはたぶん本当かもしれない
It may possibly be true.

絶対に本当ではありえない
It can't possibly be true.

会話1:
「泳ぎに来るの?」「たぶん行かないわ」
Are you coming for a swim ? Not likely.
「たぶん行くわ」なら Very likely.
単独で × Likely. とは言わない。

会話2:
「彼は生きているだろうか」「たぶんね」
Is he alive ? I hope so.

会話3:
「コンサートのチケットは手に入るかしら」「たぶんだいじょうぶでしょう」
Would I be able to get a ticket for the concert ? You might.

☆引用: ニューセンチュリー和英辞典、提供: 三省堂

前:pretty, quite, fairly, rather<  >次:right now, at the moment
■読まれている副詞 ベスト:こちらは大丈夫ですか?
 ・~もまた     also, too, as well
 ・多分       probably, perhaps, maybe 
 ・おおよそ、約   about, around, approximately
 ・実は、実際は   actually
 ・その上      besides, moreover, furthermore


a:575440 t:37 y:466