トップ接続詞meanwhile,on the other hand,while,whereas

meanwhile,on the other hand,while,whereas「一方で」意味の違い、使い分け

今回は副詞・接続詞関係の同意語で、「一方で」という意味をもつmeanwhileon the other hand、そして whilewhereas の4つです。

いずれも同じような意味の内容を表現できる語ですが、いったいどこが違うのか、使う上では何に気をつければよいのかを、例を上げて違いについて整理してみました。


① meanwhile : その一方で

meanwhile は、mean(動詞:~の意味を表す)と、while接続詞:~と同時に)が組み合わさった言葉で、「その一方で」という意味を持つ副詞になります。

先に話している内容とは異なる、対照的な事柄をあとに続けて話そうとするときに用いられます。

話を変えようとするときに使われるわけですが、前後の話を比較してその違いを強調したり印象づけようとするものではありません。

いくつかの事が同時に進行しているようなとき、それらのことを表現しようとする話し方の一つとして使われます。

例文:
The economy is going from strength to strength.
 Meanwhile, the death rate continues to decline.
経済はますます強力になっている。
 一方で、死亡率は低下し続けています。

Children have to study very hard.
 Meanwhile, they need to know how to play with their friends.
子供は一生懸命勉強しなければならない。
 一方で、友達といかに遊ぶかを心得ている必要もある。
 

 

② on the other hand : その一方で

on the other hand は接続副詞で、「その一方で」という意味を表します。

2つの事柄や人をあげて比較するときに使われる語で、2つには大きな、あるいは重要な違いがあるということを表すために使われることが多いです。

接続詞ではなく接続副詞であり副詞的に使うので、2つの文に分ける必要があります。

on the other handwhile、そして whereas の3つは、接続副詞/接続詞接続詞であり、いずれも同じような内容を表現できる語ですが、文法上ではいくつかの異なる部分があります。(同じ内容を表現できるが、ま単純な置き換えはできない)

例文:
Jim likes English. On the other hand, Jake likes math.
ジムは英語が好きな一方で、ジェイクは数学が好きです。

I like living in the countryside. On the other hand, my wife prefers the city.
私は田舎に住むのが好きです。一方で、私の妻はより市内の方を好んでいます。
 

 

③ while : ところが一方

 
while接続詞で、主節の後方に置いて対照を表わして、「ところが一方」という意味を表現します。

接続詞なので文は1つで、その中で複数の事柄を対照させる表現になります。2つ以上の対照も可能です。

例文:
Tom likes math, John likes English while Bob likes P.E.
トムは数学が好きで、ジョンは英語が好きで、ボブは体育が好きだ。

He likes sports, while I like books.
彼はスポーツが好きだが、私は本が好きだ。

④ whereas : ~に反して

whereas接続詞で、主節と対照/反対の節を導き、「~であるのに対して(反して)、~である一方で」という意味を表します。二つの事柄を比べて、そこ大きな差があるときに使います。

例文:
I am poor, whereas my brothers are very rich.
私は貧しい、それに対して私の兄弟たちはとても裕福だ。

Some people like tea, whereas others like coffee.
お茶の好きな人もいるが、コーヒーの好きな人もいる。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:1133 t:3 y:9