トップ動 詞insist, persist

insist, persist「主張する」意味の違い、使い分け

今回は「主張する」の同意語です。insist, persist の2つの語。
意味やニュアンスの違いと使い方、そして実際に会話するときの使い分け方などについてまとめてみました。


insist : 主張する

insist

反対された時に断固として言明したり、何かをするように強要する場合に用いられる語。
強く主張はしますが、そこに固執をしているわけではありません。他人の意見に耳を貸さずに、自分の意見を貫き「主張する」時に使われます。

insist は「主張する」の他に、「強く要求する、断言する」といった強めのニュアンスも持っています。

【こんなケースで使う】
同僚と部屋を一緒に出ようとしたとき、狭いドアなので二人がぶつかりそうになり、一旦ストップ。そこであなたが同僚に「あなたが先に!」と、強く主張する・・というようなときに使います。

お先にどうぞ
強く主張する: I insist you [go] first.
軽い意志表示: After you.(いずれも定型表現)

例文:
I insist that you let me pay for the meal.
食事代は絶対私に払わせてください。

I will do it, if you insist.
あなたがそこまで言うのならそうしよう。

Suzan insisted that the decision was wrong.
スーザンはその決定は間違っていると主張した。

Ben insisted that I should drive her home.
ベンは私が彼女を車で家まで送っていくように言い張った。
 

 

persist : 固執する

persist

反対や警告にもかかわらず断固として続けたり、あるいは依然として存在し続ける場合に用いられる語。他人の意見に惑わされず自分の意見を主張し続け、反対があっても屈しないで継続するというような意味合いとなります。

persist は「主張する」の他には、「やり通す、言い張る」といった持続のニュアンスを持っています。

例文:
They persist in their opinion.
彼らは考えを曲げなかった。

He persists that his answer is right.
彼は自分の答えが正しいと主張した。

She always persists in his idea.
彼女はいつも自分の考えに固執します。

If you persist in using bad study habits, you will fail your exams.
君は勉強しない習慣を改めようとしないのなら、試験に落ちてしまうぞ。

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他
 

a:495 t:2 y:1