トップ動 詞hit, beat, strike

hit, beat, strike「打つ」の違い、使い分け

今回は「打つ」「たたく」「打ち負かす」などの意味をもつ動詞の類義語、hit, beat, strike の3つについて、意味の違いと使い分けについてまとめました。


①hit : 狙って打つ

hit

hit は「打つ」「たたく」という意味です。
物理的、抽象的に接触しての状態を表し、動作の素早さや力の強さなどが強調される語になります。

(危険を避けるために) 地面に伏せる hit the ground という意味で、口語的な表現となります。

例文:
He hit the ground as soon as he heard gunshots.
彼は銃声を聞くとすぐに地面に伏せた。

Try to hit the ball to rightfield.
ボールをライトに打つようにしなさい。
 

 

②beat : 続けざまにたたく

beat

beat も、「打つ」「たたく」という意味です。

特に規則的で繰り返すような動作を表し、
・太鼓(drum)などを「打ち鳴らす」
・食材(egg) などを「かき混ぜる」
・波が崖    などに「打ち寄せる」
・足で地面   などを「踏み固める」

というような意味にもなります。

また、相手を「打ち負かす」という意味を持っていて、とても良く使われます。
この場合には、記録を(打ち)「破る」という意味でも、よく使われます。

例文:
My wife beat eggs with a fork while my daughter sets the table.
妻はフォークで卵をかき混ぜて、私は食卓の用意をした。

Beat the drum as hard as you can.
ドラムをできるだけ強くたたいてください。

Ichiro beat Pete Rose's record for hits in a single season.
イチローはピート・ローズのシーズン安打記録を破った。

③strike : 特に、強くたたく

strike

strike は、hit より堅い用法です。
「打つ」「打撃を与える」という一般的な意味になります。

しかし、名詞と結びついて、

strike a chord
「相手の chord(弦)を打ち鳴らす」という意味より、
「共鳴させる」の意味で「共感を得る」という意味に。

strike a blow
「(相手に)打撃を与える」

strike a blance
「(両者の)バランスを取る、両立させる」

strike a pose
「ポーズをとる」

strike a bargain
「手を打つ、取引する」

などの様々な表現でも使われますので、よく頭にインプットしておきましょう。

例文:
His anti-war message struck a chord with many people in the Republic Party.
彼の反戦メッセージは多くの共和党支持者の共感を得た。

Allegations of an extra-marital affair struck a blow to Jone's mayoral campaign.
不倫疑惑がジョンの市長選に打撃を与えた。

My daughter is still trying to strike a balance between work and play.
蒸すねは相変わらず仕事と遊びをうまく両立させようと努力しています。

Strike a cute pose and I'll take your picture.
かわいいポーズを取ってみて、写真を撮るから。

I'll strike a bargain with you on a brand new Borsche.
ポルシェの新車で手を打つことにしよう。

■読まれている動詞 ベスト:こちらは大丈夫ですか?
・要求する  claim, demand, require 
・行く    go, come
・選ぶ    choose, select, elect
 

a:9728 t:3 y:5