トップ形容詞few, a few, quite a few

few, a few, quite a few 意味の違いと使い分け

 いずれも「少ない」という意味のグループに属する語句のように見え
 ますが、そのニュアンスの違いにはかなり大きいものがあります。

 few, a few, quite a few の3語とも、日常会話や文章などでとても
 良く使うので、しっかりその違いと使い方を知っておきたいものです。

 ひと口でその意味を表わしてみると、
 
 few は「少ない」という意味ですが、
   実は「少ししかない、ほとんどない」というマイナス側の意味。

 a few は「少しの」という意味ですが、
  「いくつかは、何人かは」というプラス側のイメージになります。

 quite a few は「かなりの数の」という意味で、
   もはや「少し」というニュアンスから離れ、「たくさんの」と
   いう few とは逆の意味となります。

 もう少しわかり易く、例文を使って説明していきます。

 ある人が中学卒業後、何十年ぶりに久しぶりの中学同窓会に参加した
 ときのことを話していて・・・、

 ここでその人は、次の3つの文でそのときの気持ちを話したとします。

 1) Few people remembered me.
 2) A few people remembered me.
 3) Quite a few people remembered me.

 それぞれのニュアンスの違いがわかりますでしょうか?

 何となく似ているようにも思うのですが、伝えたいメッセージは全く
 違うんですよね!

few

 Few people remembered me.
 わたしを覚えている人は少なかった(ほとんどいなかった)

 few は「少ない、わずかの、ほとんどない」という意味ですが、
 「ほとんどない」という方が強調されたマイナス側のイメージです。
 少なかったということが強調される表現になっています。

 別の例文:
 I knew few people.
 少しの人を知っていた。(=ほとんどの人を知らなかった)

 知っている人は、思っていたよりも少なかった。
 ・・・というマイナス側のメッセージ。

 

a few

 A few people remembered me.
 何人かの人がわたしを覚えていた。

 a few は「少しの、少数の、少量の」という意味。
 「少しの、2・3は」という「少しはあった」というニュアンス。

 多くはなかったけど、少しの人は覚えていてくれたよ!というプラス
 側のメッセージ。

 別の例文:
 I knew a few people.
 何人かの人は知っていた。(=ほとんど知らないということではなかった)

 ほとんど知らなかったではなく、何人かの人は知っていたという意味
 となり、プラス側のニュアンス。few の反意語になります。

quite a few

 Quite a few people remembered me.
 かなり多くの人がわたしを覚えていた。

 quite a few は「かなりの数の、かなり多くの、かなりたくさんの」

 「quite=かなり」をプラスすると、「a few」が持っているプラスの
 イメージがさらに強調されるようになります。

 「かなり」+「何人か(プラスのイメージ)」⇒「たくさんの」と
 いうようになり、「少しの」ではなくむしろ「多くの」という意味
 となります。

 別の例文:
 I knew quite a few people.
 わたしはたくさんの人を知っていた。

 I knew a lot of people. とほとんど同じ意味となります。
  ◆同意語: not a few
  ◆反意語: quite few(非常に少ない~)

 ・We've already had quite a few inquiries.
  他にもたくさんのお問い合わせを頂いております。

 似たような意味に見える語句ですが、ややこしいですね。

 この3つの言い回しは日常会話の中で頻繁に出てくる語ですので、
 これらのニュアンスを正しく捉えて話す必要があります。

 違いを知らないと意味を取り違えてしまい、会話がチグハグになって
 しまいかねないので注意しましょう。
 

◆トップへ戻る
a:17436 t:44 y:60