トップ名 詞controversy, conflict

controversy, conflict「争い」意味の違い、使い分け

今回は名詞で、「争い」という意味での同意語です。
controversyconflict の2つ。

日常会話で耳にするのは少ないと思いますが、ワールド・ニュースなどではよく出てくる単語です。意味やニュアンスの違い、使い分けについてまとめてみました。


① controversy : 論争

controversy

「論争、議論」という意味を持ち、意見の食い違いを強調する言葉。

反対の立場に立つもの同士が公開の場で行うものを指し、両者の関係が良好なのか、あるいはそうでないかについて力点は置かれていない。

基本的には話し合いを通して問題解決するというニュアンスを持っている。

例文:
I don't like controversy.
論争するのは好きではない。

There is a controversy over the issue.
その問題は論争になっている。

If we don't solve this controversy today, we'll talk about it tomorrow.
今日この論争が解決しなければ、明日話し合いましょう。

 

② conflict : 紛争

conflict

「(長期の) 争い、紛争」という意味を持つ語で、意見の食い違いよりも二者間の険悪な関係が強調されます。場合によっては、戦闘や戦争も conflict を使って表すことができます。

例文:
Conflicts may develop.
衝突が起きる可能性がある。

Conflict and intrigue plagued a nation.
紛争と陰謀が国を苦しめた。

If we don't solve this conflict today, war might break out.
今日この紛争を解決しなければ、戦争になるかもしれない。

③ 使い分けの例

「流血の紛争」 という場合:
a bloody conflict と表現。
流血の戦闘になった場合は、conflict を使います。
a bloody controversy は不適切。 

「軍事紛争」 という場合:
a military conflict と表現するのが適切。実際の戦闘を指すので。
a military controversy は軍事紛争という意味では使えない。

「国境論争」 という場合:
a border controversy / a border conflict
どちらの表現も使われる。
ただし conflict は戦闘を意味し、controversy は意見の衝突などを意味する。
 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:251 t:2 y:3