スポンサーリンク   トップ名 詞contest, competition

contest, competition「競技」意味の違い、使い分け

いろんな競争やレース、コンクールなどにおいて、「競技」という意味で使われる2つの同意語、contest と competition。今回はこれらの単語におけるニュアンスの違いや使い分けについてまとめました。

ヨットレース

contest : 争奪戦

contest は「競技会、争奪戦、コンクール」という意味の語で、いろんな競争やレースで使われます。競争する出場者が数人というレベルで、ルールも比較的簡単なものを指します。

スピード競争や大食い競争など、勝ち抜き戦のようなものから、数人の立候補者による選挙などの場合も、contest と表現することができます。

例文:
・It's no contest.
 競争にならない。

・We barred him from the contest.
 我々は彼をその競技から締め出した。

・Let's have a pie-eating contest.
 パイの大食いコンテストをやろう。

competition : 能力の競技会

competition は contest とほとんど同じような意味で、「競技会、競争、試合」となるのですが、どちらかと言うとルールが複雑で個人の能力を競う内容のものが多く、競技も複数であったりします。

そのため、competition は時間が掛かり多くの参加者が競争するものとなります。例えば、さまざまなルールや多くの競技種目のあるスポーツ競技会なども、通常は competition と呼ばれます。

例文:
・I fell behind in the competition.
 私は競合に遅れを取ってしまった。

・Let's have a debate competition.
 ディベート大会を行いましょう!

・We are in competition in areas where we were never in competition.
 我々はこれまでに経験したことのない分野で競争している。

使い分けの例

2つほど同じケースで使った例を上げますので、比較してみてください。

①「選挙」
a political contest     ○
  →選挙は単純なルールで勝敗が決められるので。
a political competition  △
  →同じ意味となりますが一般的ではない。

②「1年に及ぶ競争」
a one-year contest    ×
  →contest は通常短期間で終わるもの。長期に渡るものには使えない。
a one-year competition  ○
  →入り組んでいるものや長期間のものは competition になる。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:555 t:1 y:3