トップ動 詞connect, link, unite

connect, link, unite「つなぐ」意味違い、使い分け

今回は動詞「つなぐ」の同意語である connect, link, unite について、その意味の違いや使い方/使い分けについて学習しました。


① connect : 2つ以上のものを接続する

2つ以上のものをつなぐことを表します。
「2つのものが繋がっている」「連結している」といういうイメージになり、機器の接続に関連しているものが多いです。

例文
Make sure to wear gloves when you connect the battery.
バッテリーを繋ぐときは、必ず手袋をしなさい。

またものごとが「関連がある」「つながりがある」という意味にもなります。

例文
To connect data A to data B is necessary for management.
A というデータを B というデータに関連付けることは管理に必要。

 

② link : ものを連結する、ものごとを関連付ける

ものとものとが物理的に接続していることを表すことや、また抽象的なものに対して使われることもあります。

手をつなぐ        link arms
コンピューターを接続する link our computers
制御をつなぐ(リンク制御)link control

アイデアをつなげる    link ideas
財源をほかの方策と結び付ける
 link financial resources to other deliverables

例文
I should be able to link other computer through the network.
ネットワークを介して、他のコンピューターと繋げることができるだろう。

③ unite : 合体して1つにする

共通した目的を持って力を合わせたり、人々を団結させることを表します。
特に何かに抵抗するために団結するという文脈で使われることが多いようです。

例文
The music had an amazing power to unite people.
その音楽には人々を一体化させる驚くべき力があった。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:19490 t:2 y:13