スポンサーリンク   トップ名 詞cause, reason

cause, reason「原因」意味の違い、使い分け

今回は「原因」の同義語です。cause, reason の2つの語。
意味やニュアンスの違いと使い方、そして実際に会話するときの使い分けについてまとめてみました。

cause

cause : 原因、要因

cause は、物事を引き起こす「原因、要因」の意味で、ある効果(effect)や結果(result)を直接的に生じさせる事柄や状況を指します。

例文:
・What was the basic cause of the war?
 戦争の根本的な原因は何だったのですか。

・Carelessness is the cause of most accidents in the home.
 不注意が、家庭内で起こる大半の事故の原因です。

・The medical researcher discovered the cause of the illness.
 その医療研究者は、その病気の原因を発見しました。

reason : 理由、動機

reason は、「理由、動機、原因、根拠」という意味で、ある結果や行動などを引き起こす原因(cause)とか動機(motive)に関する説明を指し、ある程度の必然性があることを示します。

例文:
・No special reason.
 特に理由はない。

・That's the only reason.
 ただそれだけの理由だ。

・This is the reason why I can't go with you.
 こういう訳で、私はあなたと一緒に行けません。

・What was the reason for the traffic accident?
 どういう訳で、その交通事故が起こったのですか?

ただし cause と reason は、ほとんど同義で使われることもあります。
また、cause や reason は動詞としても使われます。
そして、cause は無生物主語横文でよく用いられます。

・A dropped cigarette caused the fire.
 落ちたタバコが火事の原因となった。

・Her illness caused her to miss the lecture.
 病気のため彼女はその講義に出られなかった。

・The detective reasoned that he was guilty.
 その刑事は彼が有罪であると推理した。
 

スポンサーリンク

 

a:299 t:8 y:5