トップ形容詞careful, cautious, prudent, discreet

careful, cautious, prudent, discreet「慎重な」意味の違い、使い分け

今回は形容詞の類義語です。
「慎重な」という意味を表す4つの語、careful, cautious, prudent, discreet について。これらの意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめました。


① careful : 注意深い

careful

「慎重な、注意深い」 という意味の最も一般的な語。
細かいところに厳重な注意を払ったり、的確な判断を下したりして損失や危険を避けること。

例文:
We need to be careful of our personal belongings.
私達は所持品に注意する必要があります。

She gave a careful answer to the reporter’s question.
彼女は記者の質問に注意深く答えた。

 

② cautious : 用心深い

cautious

「用心深い、慎重な、気を緩めない」 という意味合いを持つ語。
不利な状態や危険を恐れて、慎重になること。

例文:
She is very cautious.
彼女はとても警戒心が強い。

I would be very cautious when working with that machine.
あの機械を使うときはとにかく慎重にやるよ。

③ prudent : 用意周到な

prudent

実務に関して「分別がある」、また自分の行動に関して「用意周到な」という意味合いの語。行動する前に、自己の利益にかなうかどうかをよく考えること。

例文:
He is a prudent investor.
彼は慎重な投資家だ。

You also must be very prudent, to keep that hidden.
それを隠しておくとは貴方もなかなか思慮深い。

④ discreet : 配慮した

discreet

他人の不利益・不都合にならないように配慮して、自分の言葉や行動に気を付けること。

例文:
Please be discreet about this.
このことについては口外しないでください。

Be discreet with your intentions when working with others.
他の人と一緒に仕事をするときは、慎重な態度で臨みなさい。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:399 t:1 y:7