トップ名 詞barrier, obstacle, difficulty

barrier, obstacle, difficulty「障害」違い、使い分け

今回は「障害」の同意語である barrier, obstacle, difficulty における、意味の違いや使い方、使い分けについてまとめました。

barrier

① barrier : 二つの間を隔てる障壁

二つの領域を隔てる「境界、壁」を意味します。
したがって、
・ものによる-境界  physical barrier
・心理的な-防壁   psychological barrier
・文化的な-障害   cultural barrier
・技術的な-壁    technical barrier
のような形容詞と一緒に用いられ、行動や思考、侵入を妨げる「障壁」という意味になります。

例文:
He overcomes language barrier.
彼は言葉の壁を乗り越えます。

I hope she can overcome the language barrier.
私は彼女が言葉の壁を越えることを望みます。

She tried to knock down the barrier of racial discrimination.
彼女は人種差別の壁を取り除こうとした。

 

② obstacle : 進行を妨げるもの

進路をふさぐ「障害物」を意味します。
したがって、目標への到達や目的の達成を妨げる「障害」という意味で使われます。

修飾する形容詞には
「大きな(major, formidable)」、「乗り越えがたい(insuperable)」
のように障害物の大きさを連想させるものや、
「法的な(legal)、官僚的な(bureaucratic)」のように障害の種類を述べるものが多くなります。

例文:
I met an unexpected obstacle last year.
私は昨年、予期しない障害に出会った。

I'd like to do my best to overcome the obstacle this time.
私は今回、その壁を超えられるよう頑張りたい。

The scandal was an obstacle to my promotion.
そのスキャンダルは私の昇進の障害だった。

③ difficulty : 困難、難しさ

difficultの名詞形なので、「難しさ、困難」の意味となります。

また、具体的な「行動や理解を困難にする問題」という意味もあり、「財政的な」、「実際上の」など、問題の種類を表わす形容詞や、「厳しい」、「かなりの」、「乗り越えがたい」など、困難の程度を表わす形容詞と結びつくことが多いようです。

例文:
It was unusual difficulty.
それは普通ではない困難さだった。

It seems like she is having difficulty.
彼女は困っているように見える。

This sort of work presents me with no difficulty.
この種の仕事は私にとっては簡単です。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:9008 t:6 y:11