スポンサーリンク    トップ副 詞as usual, as always, as ever

as usual, as always, as ever 意味の違い、使い分け

今回は「いつも通り」の同意語です。
as usual, as always, as ever の3つの語。
意味やニュアンスの違いと使い方、そして実際に会話をするときの使い分けについてまとめました。


as usual : いつも通り

as usual

usually は(普段は)という意味からきている表現で、「いつものように~」や「相変わらず~」という意味を表す最も一般的な表現です。
いつも会議に遅れてくるメンバーが、またいつものように遅れて来たときには、
He was late as usual.(彼はいつものように遅れた)
と言うことになります。使う場所としては、文頭または文末になります。

例文:
・I've been busy as usual.
 私は相変わらず忙しいです。

・As usual, he forgot my birthday.
 彼はいつものように私の誕生日を忘れた。

・Today is hot as usual, isn't it?
 今日も相変わらず暑いですね。

as always : いつも通り

as always

基本的に as usual と同じ意味合いの表現です。always は「いつも」を意味しますので、usual(普段)よりも少しだけ頻度や割合が高いというニュアンスになります。(普段は←→いつも)のニュアンスの違いですね。相手を褒めるときなどのポジティブな状況で使われることが多い表現です。

「いつものように美しい」と女性を褒めるときに、
She look beautiful as usual. よりも
She look beautiful as always. の方がよりポジティブなニュアンスになります。
使うときの場所としては、文頭か文末に置かれます。

例文:
・You look great as always!
 相変わらず元気そうですね。

・As always, your curry was delicious!
 相変わらず、君の作ったカレーは美味しかったよ!

・Your speech was impressive as always!
 相変わらずあなたのスピーチは素晴らしかった!

as ever : いつもよりも~

as ever

ever は always と同じ役割を果たし、as ever では「いつも通り」という意味になりますが、「(過去に比べて最も)~である」といったニュアンスが含まれることもあります。

例えば、I’ve been as busy as ever. と言うと、「今までで最も忙しい」と受け取られることになります。基本的には文末で使われて、「as ~ as ever」の組み合わせで使われることが多いです。

例文:
・I feel as healthy as ever.
 私は今までで最も健康的だと感じます。

・You're looking as beautiful as ever.
 相変わらず綺麗だね。

・She was polite and kind as ever.
 相変わらず彼女は礼儀正しくて親切でした。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:513 t:3 y:9