トップ動 詞apologize, forgive, excuse, pardon

apologize, forgive, excuse, pardon「許す」意味の違い、使い分け

今回は「許す」の類義語です。apologize, forgive, excuse, pardon の4つ。
意味やニュアンスの違いと使い方、そして実際に会話するときの使い分け方などについて整理しました。


apologize : あやまる

apologize

過ちを犯したり苦痛を生じさせたりしたことに対して、後悔や残念な気持ちを表すこと。日本語の「あやまる」に相当する語です。

例文:
He apologized to Mr. Miller for spilling his tea.
彼はお茶をこぼしたことについて、ミラーさんにあやまった。

Tony, apologize to Lisa for hitting her, or you'll get a spanking.
トニー、リサをぶったことに対して彼女にあやまりなさい。さもないと平手打ちされるよ。

forgive : 重い罪を許す

forgive

自分に何か良くないことをされたときに、もう怒っていないことや、相手に対して罰を与えることを望んではいないこと、罪を許してやるという意味において使われる語。

例文:
She forgave her boyfriend, because he apologized.
彼女はボーイフレンドを許した。なぜなら彼があやまったからです。

I'll never forgive Helen for what she said at the conference.
私は会議でヘレンが言ったことに対して、絶対に彼女を許しません。
 

 

excuse : ささいな失礼を許す

excuse

ささいな誤りや失礼に対して、誰かを「許す」ときに用いられる語です。

例文:
Please excuse me for being late, everybody.
皆さん、遅れて申し訳ありません。

Mr. Collins excused himself from the meeting to answer the telephone.
コリンズ氏は、電話に出るためミーティングの席を外した。

pardon : 格式ばった許す

pardon

「許す」ことを意味しますが、格式ばったイメージや公的な感じを与える語になります。

例文:
Pardon reason why I said of Buster.
私がバスターに関して言った事を許して。

Pardon my asking, but can you help me for a while?
頼み事をしてすいませんが、ちょっとの間手伝ってもらえませんか?

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:816 t:7 y:7