トップ名 詞aged, elderly

aged, elderly「高齢者」意味の違い、使い分け

今回の同意語は名詞で、「老人、高齢者」という意味をもつ語。
agedelderly の2つについてです。

aged は歳を重ねたという意味ですが、どちらかというと aging(熟成した)という語の方が、個人的に馴染みがあります。

また、elderly という単語は、elderly people(お年寄り)という形容詞での形の方が馴染みがありますが、これらの単語には実際にどのような違いがあるのでしょうか。

今回はそのニュアンスの違いと、使い分けについてまとめてみました。


① aged : 老人、年老いた人達

aged

年をとって次第に体の自由が利かなくなってきた人々といった含みをもつ言葉で、相当な高齢で自分の世話ができなかったり、生きるための手助けを必要としている人々を指します。名詞では the aged というように表現。

例文:
Our city doesn't have enough public institutions for the aged.
私たちの市は老人のための施設が十分ではない。

Many of the aged in our community need nursing care.
私たちのコミュニティでは高齢者の多くが看護を必要としている。

 

 

② elderly : 高齢者

elderly

日本語に訳せば「高齢者、年を重ねた人たち、お年寄り」となり aged と同じような意味となりますが、意味合いが異なります。

aged の年老いて自由がきかなくなったという意味合いとは異なり、もっと肯定的な意味の語で、知恵のある年輩というニュアンスの言葉になります。他にも senior citizens や seniors という言葉がありますが、いずれもとても肯定的です。名詞では the elderly というように表現。

例文:
You need to respect the elderly.
あなたは高齢者を尊敬せねばならない。

Many of the elderly in our community live happy and fulfilled lives.
私たちのコミュニティでは年輩の方々が幸せで満ち足りた生活を送っている。

③ 使い分けの例

「社会の高齢者」 という場合:
the aged in society
the elderly in society
どちらの表現も使われるが、elderly の方が敬意を表している。

「寝たきり老人」 という場合:
the bed-ridden aged
the bed-ridden elderly 
どちらの表現も可能であるが、aged のほうが elderly よりも身体が弱く、
手助けが必要であるという意味合いが強い。

「老人へのケア」 という場合:
care for the aged
care for the elderly
どちらも使うが、aged のほうがよりケアを必要とするニュアンス。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:310 t:3 y:1