トップ副 詞about, around, approximately

about, around, approximately「おおよそ」違いは

英語で「おおよそ」を意味する表現はいくつもありますが、よく使うのは
次の3つだと思います。

about / around / approximately (数値、時間において)

about は普段の会話で非常に良く使っています。
それに対して around は時折り使いますが、about とのニュアンスの違い
については、あと少しはっきりしていませんでした。

また、approximately もいろいろな記事によく出てくるのですが、その使
い分けが不明確でした。

いずれもよく出てくる単語なので、何としても理解しておく必要があると
考え、意味の違いと使い方について調べてみました。


① about, around : おおよそ、約

 数字を表すときに使う場合、about も around も似たように位置を表して
 いますので、どちらを使っても問題ありません。

 いずれも交換可能ですが、意味ではわずかなニュアンスの違いがあります。
 ・about 「何かの周辺に」(漠然とその近く。目標値に近い付近)
 ・around「何かの周囲に」(一回りする感覚。数字なら+もあるし-もある)
 という感覚の違いです。

 ・about \300の場合
   本来なら正確に言えば305円なのだけれど、
   まあ「およそ300円」と思っていてください・・といった、
   少し確度の高い言い回しの感覚になります。

 ・around \300の場合
   大まかに見て 300円 ぐらいのあたりといった感じ。
   295円 かも知れないし、312円 かも知れない。
   よく聞く高々 300円 前後の商品だ・・といった感じです。
   ずれてもまあ 300円 から大きくズレることはない・・
   といった感覚。

 従って、about の方がよりその値に近いイメージとなります。

 しかし・・です。
 わずかなニュアンスの違いなので、初・中級の日本人が日常会話で使う
 レベルならば、細かくこだわるところまでは考えなくても良いでしょう。

 

② approximately : おおよそ、約

 about と同じ意味ですが、少し堅いニュアンスで、改まった場面で使わ
 れることが多いです。

 about よりもさらにその数値への近さをニュアンスの中に含んでいる語
 となっています。

 従って、小数点を使い細かく表しているような数値の場合は、
 about ではなく approximately を使った方が良いでしょう。

 例文 :
・She is approximately sixty.
 彼女は、だいたい60歳です。

・The bridge is approximately a mile long.
 その橋の長さは約1マイルである。

・How much, approximately, did you receive?
 いくらくらい受け取ったの?

・The area is approximately 100 square yards.
 面積はおおよそ 100 平方ヤードある.
 
    >次:actually
接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他
 

◆トップへ戻る
a:105082 t:86 y:116