トップその他what, how「どう~」意味の違い、使い分け

what, how「どう~」意味の違い、使い分け

 日本語で「どう~ですか?」と問いかけるようなときに、英語では、
 howwhat を使い分けることになります。

 あなたは HowWhat の使い分けは大丈夫ですか?
 ときどき間違って使っている人を見かけます。

 わたしも、英語を学習してからかなりの期間、How do you think ?
 などと言ってしまい、オンライン英会話の先生に直されたものでした。

 英語的な感覚が身に付いていないと、どうしても日本語的な発想から
 英文を考えてしまうものです。

 ビジネス英語でもよく見受けられるのですが、英語的な感覚ができて
 いないことが原因である典型的な間違いの一つに、HowWhat の使
 い分けがあります。

 例えば、
  「あなたはこの報告についてどう考えますか?」
 と英語で質問しようとしたとき、

 英語的な感覚ができていない人は、
  How do you think about this report ?
 としてしまうことが多いのです。

 実は、正しい文として、
  What do you think about this report ?
 とすべきなのですね。

 「どう考えるか」の「どう?」は「how」だから ‥ と連想するのが
 間違いの原因になっています。

 今回はこの部分についてしっかりと学習し、正しく使い分けができる
 ようにしたいと思います。


how : どのように(する)= どうする

 疑問「副詞」です。「方法・様態」を指します。
 副詞・形容詞になる部分を訊くときには how を使います。

 つまり、ある動作について「どのような手段や様子で行うか」を尋ね
 る際に使うもの。

 例文 :
  How do you like it ? ⇒ I like it [very much].

 

what :何を(する)= どうする

 疑問「代名詞」、名詞です。「もの・こと」を指します。
 名詞になる部分を訊くときには what を使います。

 例文 :
  What are you thinking ?I am thinking [our travel plan].

 以上の内容を踏まえて、最初に出てきた例文について再度考えてみま
 しょう。

 「あなたはこの報告についてどう考えますか?」

 さてこの文は何について聞いているのでしょうか ?

 「どのような手段や様子で行うか」について、聞いているのでしょう
 か ?

 もしそうだとすると文章は次のようになります。
  How do you think about this report ?

 この場合、この文を訳すと、
 「あなたはこの報告について、考えるという動作をどのように行った
 のですか?」

 というチンプンカンプンな内容となってしまいます。

 英語的な感覚から言うと、
 「どう考えるか(どのような方法で考えるか)」ではなく、
 「何を考えるか」、つまり事柄そのものを尋ねることになります。

 すると用いられる疑問詞は、当然 How ではなくWhat になります。

  What do you think about this report?

練習

 それではもう1文考えてみましょう。
 「この本をどうしよう?」

 さてこの文は、何について聞いているのでしょうか。
 「何かの方法」でしょうか。

 それとも「本の様態」を聞いているのでしょうか。
  How should we do with this book ?

 ここでは「方法」や「本の様態」を聞いているわけではありません。

 「どうしよう?」という訳は、確かにそのように取れてしまうような
 ところがありますが、

 厳密に言うなら「どうしよう?」ではなく「どうするべきか?」、
 つまり「何をするべきか?」ということを聞いています。

 「何をするべきか?」と聞いているのですから、「何」に当てはまる
 のは「How」ではなく「What」ということになります。

 直訳してみるともっとわかりやすくなります。

  What should we do with this book ?
  この本に関して、私たちは何をするべきだろうか?

Howを使う例

 下の二つを見比べてみてください

  How are you doing ?
  What are you doing ?

 この二つの訳の違いがわかりますでしょうか?

 上の文は「元気ですか?」という訳ですね。
 「状態」をたずねています。

 一方、下の文は「何してるの?」という訳になります。
 これは状態ではなく、「何」という「もの・こと」について、聞いて
 いるということがわかります。
 

◆トップへ戻る
a:16512 t:26 y:37