スポンサーリンク   トップ動 詞wear, put on

wear, put on「着る」意味の違い、使い分け

「着る」という英単語には、wearput on があります。
一つの例として次のような英文がありますが、そのニュアンスの違いが
わかるでしょうか?

・I wear a white shirt.
・I put on a white shirt.

わかる人はこのページを読み飛ばしてください。
明確にその違いがわからなかった人は、是非ここでその違いと使い分け
について、確認していただけたらと思います。

wear

違いのワンポイント

・I wear a white shirt.
 わたしは白いワイシャツを着ています。
 (ニュアンス: いま着ている状態である)

・I put on a white shirt.
 わたしは白いワイシャツを着ます。
 (ニュアンス: いま着ようとしている)

wear : 着ている

wear は、「〜を着ている、はいている、かぶっている、かけている」
という意味の語で、服などを「着ている状態」を表します。
(すでに身に付けているという状態を表現)

応用範囲の広い語で、衣服だけではなく帽子やめがね、装飾品、香水、
、ひげ、顔の表情など、広範囲をカバーする語です。

また、訳文を見ると「着ています」となっていて、まるで現在進行形の
ような訳になっていますが、進行形でない通常の使い方をして、訳文は
進行形のような訳となります。このような動詞を状態動詞と言います。

よく使う live なども同じ状態動詞で、「住む」という意味の語ですが、
「住んでいる」という状態を表し、現在進行形のような訳になります。

・She lives in Kyoto.
 彼女は京都に住んでいます。

このような状態動詞を「She is living in Kyoto.」のように現在進行形
で使うことは通常はありません。

例文:
・I never wear perfume to work.
 私は香水をつけて仕事に行くことは決してしない。

・She came over here wearing the tight skirt.
 彼女はそのタイトスカートをはいてこちらにやって来た。

・What size shoes do you wear ?
 あなたの靴のサイズはいくつですか。

put on : 着ようとしている

put onwear が「着ている状態」を表すに対して、「着るという動作」
を表します。(これから身に付けようとしているという動作を表現)

この語もいろいろなところで使うことができ、「〜を着る、はく、かぶる、
かける」というようなときに、これから「◯◯◯を身につける」という
動作を表す場合に使います。

例文:
・You should put on your clothes.
 服を着たほうがいいですよ。

・She put on her cap and went out.
 彼女は野球帽をかぶって外出していった。

・Put on the jacket because it is getting cold.
 寒くなってきたので、そのジャケットを着なさい。

スポンサーリンク


a:1662 t:1 y:4