トップ動 詞want, wish

want, wish「欲する」意味の違い、使い分け

今回は動詞の同意語で「欲する」という意味をもつ2つの単語、want, wish について。
意味やニュアンスの違いと使い分けについて、まとめてみました。


① want : ~が欲しい

want

「何かを必要だ、欲しい」という欲望がある時に want something の形で使う。
物でなくても [to+不定形] で、
want to do something     何かをしたい
want someone to do      誰かに何かをしてほしい
want something to happen  何か起こればいいな
のように表すことができる。

例文:
I want to get out of here.
ここから脱出したい。

What do you want from me?
どういうご用でしょうか?

I do not want the garden to go jungly.
私は庭はきれいなままにしたい。

 

② wish : (可能性があまりないことを) 望む

wish

that 節を伴うのが一般的で、wish that ‥ のように表すと、実現が難しいことを望んでいるという意が含まれる。何かを強く衝動的に得たい、という気持ちを表す。

物語では、want の代わりに、wishをよく用いる。
秘めたる願望についていう場合にも用いる。
・Your husband wishes for a son.
 ご主人は、息子さんが欲しいのでしょう。

例文:
I wish I could fly.
空を飛べたらいいのになあ。

I wish I lived near Tokyo.
東京の近くに住みたいな、

I wish I could speak English fluently.
英語をスラスラしゃべれたらなぁ。

③ 参考

wish何かを達成しようと望む心
crave飢えや渇きのときのように強く求める
desireより形式張った語で強い願望を表す
want欲求を表す一般語

 
トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:194 t:1 y:1