トップ名 詞view, sight, scene

view, sight, scene の意味違い、使い分け

今回は名詞「眺め」の同意語について、まとめてみました。
単語としては view, sight, scene の3つです。

viewscene の2つは、日本語の中でかなり使われています。(オーシャンビュー、映画のシーン・・など)

ですが sight は少し違うところで、若干ニュアンスが違う意味で使われているようです。まだあまりポピュラーにはなっていないようですが・・。

どこか景色の良いところへドライブなど行ったときに、その素晴らしい景色を見て一言。あなたはそこでどんな単語を使うでしょうか?


① view : ある場所からの眺望

限定的で特別なところから見える「眺め、見晴らし」という意味。
特に遠くにある全体的な眺望に対して使われます。

また、view には 楽観的な、相反するなどの形容詞が示すように、「物の見方、見解」というような意味もあります。(この場合は比較的フォーマルな場面や書き言葉で用いられる)

例文 :
I want to reserve a table with a ocean view.
わたしは海の見えるテーブルを予約したい。

I love the spectacular view of Mt. Fuji from my room.
自分の部屋から見える富士山の壮大な眺めが気に入っている。

 

② sight : 視界に入る光景

view と同じく「景色」について用いることもありますが、view に比べると特定的な色合いはなく、注意を引くものに対し目に入る光景を全て含んでいます。

ありふれたとか、かわいそうなといった景色以外にも使うような形容詞がよく結びつくようです。

例文 :
I think there is no more awesome sight than the Grand Canyon.
グランドキャニオンよりすごい眺めはないと思う。

Is this a familiar sight?
これは良く見る光景ですか?

③ scene : 特定の範囲の眺め

何か特定の条件の場所から見える、限られた範囲の眺めに対して使われます。(列車の窓から見える風景、特定の舞台のシーンなど)

例文 :
That is one of the beautiful scenes in this movie.
あれはこの映画の中の美しい景色の一つです。

④ (おまけ) prospect : 将来の展望

将来何かが起きることの「見通し」や「可能性」のことです。
この単語を修飾する形容詞は、ほとんどが将来起こる予測に関して、それが確かであったり、良いことであったりすることを表すものが多くなります。

例文 :
I'm afraid that your long-term prospects at this company do not look promising.
あなたの長期的な将来性は、明るいとは言えないようです。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:34499 t:4 y:19