スポンサーリンク   トップ形容詞very, so, too

very, so, too「とても、非常に」の違い、使い分け

 今回は「とても、非常に」という意味で使われる very, so, too の単語につ
 いて、復習です。

 簡単に見える単語ほど、微妙なニュアンスの違いがあり、奥が深いと思うの
 はわたしだけでしょうか。

 しかし、あまりむずかしく考えずに、サラッと意味を理解すれば良いとも思
 っています。日常の会話を中心に考えて、勉強をしていますので・・。


very : とても、非常に

 「とても」という意味で形容詞を強調します。

 例文 :
 ・He is very sad.
  彼はとても悲しい。

 どの程度悲しいかの尺度はありません。

so : (もの)すごく、そんなにも

 very と同じように形容詞を強調する使い方です。
 すごく大きな印象を感じたときや、大きな関心を感じたときなどに使われま
 す。

 so と very の意味は同じですが、so の方がより感情的な意味合いで使われ
 ます。so の方が very よりも感情を入れた言い方がし易いからです。

 例文 :
 ・He is so sad.
  彼はものすごく悲しい。
 ・I'm so glad to meet you.
  わたしはあなたに会えてものすごくうれしい。

 もう少し言い方を変えると、so の使い方には2つのパターンがあって、

 一つは、
 very と同じ意味での「とても」をさらに感情的に強調しての使い方です。

 そしてもう一つは、
 ただ漠然と「とても」としての very とは異なり、何かを比較の対象として
 頭におきながら用いられる使い方です。

 通常、very は so に置き換えができますが、比較の対象があってのso は
  very に置き換えはできません。
  
 むずかしい部分は置いといて、
 より簡単に理解できるようにおさらいをしてみますと、

 ・His house is very big. (ただ)「とても大きい」
 ・His house is so big!  (もの)「すご~く大きい!」

 というようなフィーリングの違いになります。

too : あまりにも

 明らかに何かの基準があって、それと比較している使い方です。
 しかも「適切な範囲を超えている(=~過ぎる)」というニュアンスを持ち、
 結果にネガティブ(否定的な)意味を含んでいます。

 例文 :
 ・This sweater is too big. (to wear)
  このセーターは大きすぎる。(着れない)

 ・My office is too small. (to work in)
  わたしののオフィスは小さすぎる。(仕事が出来ない)

 ・That computer is too expensive. (to buy)
  あのパソコンは高すぎる。(買えない)

 中学の文法で習った「too ~ to …」の構文と同じですね。

 ですから、下のような文章はネガティブな意味が含まれていませんので、通常
 は言うことができません。

 例文 :
 ・She is too beautiful!
  彼女は美し過ぎる。

 ・This pizza is too delicious!
  このピザはおいし過ぎる。

 実は悪い結果となるものならば、この文章でも使えます。
 またネガティブな意味合いがなくても、文学的な表現では使えるものがあり
 ますが、ややこしくなるのでここでは省略をします。

 通常の会話では特に覚えておく必要はないと思っています。
 わたしは文学者ではなく、ただ楽しく会話をしたい普通の人なので。

まとめ

 再度、簡単にまとめますと、

 ・It is very fast. それはとても速い。 とても~
 ・It is so fast.  それはすごく速い。 すごく~
 ・It is too fast.   それは速すぎる。  ~過ぎる

 というくらいで、まずは覚えておいてはいかがでしょうか。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:63486 t:4 y:35