トップ形容詞usual, customary, habitual

usual, customary, habitual「いつもの」意味の違い

 日常会話では「いつもの」という単語は良く使われます。
 その意味での単語としては、すぐに usual という語が出てきますが、
 同じ意味で customary, habitual という語もあります。

 いずれも「習慣的な」「常習的な」という意味で、今回はこの3つの
 類義語の違いやその使い分けについて、学習しました。

usual : とくに変ったところがない

 「いつもの」という意味の形容詞
 usual はこれら3つの類義語の中では、最も一般的に使われている語
 になります。

 「通常の、普通の」状態を表し、特に方法(method, manner, way
 に関する語がよくきます。

 例文:
 ・He is evidently back to his usual self.
  彼は明らかにいつもの自分に戻っている。

 ・The way I use left hand is my usual way when I eat.
  食べるとき左手を使うのは、わたしのいつものやり方です。

 ・I am well as usual.
  私は普段通りです。

 

customary : 一般的慣例に従っている

 (ある人にとって)いつもの、例の、習慣の ‥という意味。
 customary は、custom の派生語なので、特に共同社会が持っている
 慣習やならわしなどに対して使います。

 例文:
 ・It is customary for me to go to bed at eleven.
  11時に寝るのがわたしの習慣です。

 ・Bowing is the customary manner of greeting people in Japan.
  お辞儀は日本のあいさつの習慣的な作法です。

 ・Allow me to start in the customary way.
  いつものやり方で始めさせてください。

habitual : 個人的な習慣について言う

 habitual は「習慣の、習慣的な、いつもの」という意味。
 habit の派生語で、個人的・個別的な「習慣、習性」をもつ者に対し
 て使います。

 the usual way to hold a cigarette
 …がたばこの一般的な持ち方を意味するのに対して、

 my habitual way of sitting
 …は、個人的な座り方の癖を意味します。

 例文:
 ・Kondo has been habitual drinker since adolescence.
  コンドウは青年期からずっとを常習的な酒のみになってしまった。

 ・The man is a habitual offender with a criminal record.
  あの男は前科のある常習的な犯罪者である。
 

◆トップへ戻る
a:3481 t:2 y:3