トップ動 詞use, spend, employ

use, spend, employ「使う」意味違い、使い分け

今回は「使う」という意味の次の3つの類義語です。
use, spend, employ

あまり意味の違いを迷う単語ではないかも知れませんが、一応整理して復習してみました。 

use :(目的達成のために)使用する

ある目的を果たすために
・機械や道具などを使う(machine, computer
・表現を使う     (word, language
・技術や方法を使う  (techique, method
ということを表わす、最も一般的な語になります。

それらの使われる頻度としては、方法 → 表現 → 機械 の順のようです。

例文:
They used him like an old friend.
彼らは彼を昔からの友人のように扱った.

We have used the money provided.
わたし達は支給されたお金を使い果たした.

 

spend :(使えば減っていくものを)消費する

その目的語が主に、「時間」や「お金」であることが特徴です。
どちらも使う(費やす)ことにより、その量が減ってしまうという類似点があります。
・精力を使い果たす spend his energy

例文:
How would you spend your holiday?
休暇をどのようにすごしますか?

I want to spend more time with you.
あなたともっと多くの時間を過ごしたい。

employ :雇用/採用する

主に「人を」を雇うという意味で使われます。

このほか改まった言い方として、ある目的遂行のために、技術(techinque, skill), 方法(method), 業務(service)を使うことも表します。

例文:
This company employs about twenty thousand people world wide.
この会社は世界中で約20,000人の従業員を使っている。

The task will employ 20 men.
その仕事には20人の人手が必要だろう。

Their time could be usefully employed in doing research.
あの人たちは研究に時間を使えばいいのに。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:7733 t:11 y:2