スポンサーリンク   トップ名 詞trust, confidence, reliance

trust, confidence, reliance「信頼」違いと使い分け

よく映画を見ていると、「Trust me!」というセリフが飛び出す場面が
あります。「俺を信じろ!」という意味だと思いますが、何故か
そのシーンが頭にこびりついて消えないのです。

ということで、今回は名詞の「信頼」の同意語における、意味の違いや
使い方、使い分けについて整理してみました。


① trust : 直観的で絶対的な信頼

 相手の誠意や誠実さを信じていること、すなわち相手に対する
 「信頼」「信用」という意味で使われます。

 完全な信頼(complete trust)の例に見られるように、絶対的な無条件
 の信頼というニュアンスが含まれています。

 例文:
 ・Trust is the most important thing for a bank.
  信用は銀行にとって最も重要です。

 ・Their relationship is based on trust and understanding.
  彼らの関係は信頼と理解に基づいている。

 ・I have complete trust in my husband.
  わたしは夫を完全に信頼している。

② confidence : 理由や証拠などの根拠に基づく信頼

 本来「自信」の意味です。

 そこから、こちらの期待や予想を裏切らないという、自信や確信を
 前提とした、確たる根拠に基づく「信頼」を表します。

 例文:
 ・I want to have more confidence.
  もっと自信を持ちたい。

 ・He has great confidence in his ability.
  彼の能力には大きな信頼を置いている。

 ・I have full confidence in your ability to gather information.
  私はあなたの情報収集能力には全幅の信頼を置いている。

③ reliance : 当てにすること、依存

 「依存」という意味で、何かに頼っている(rely on ‥)という状態
 を表します。

 修飾する形容詞は、
  heavy, increasing, excessive, great, exclusive
 など、依存の程度を表わすものが多くなっています。

 例文:
 ・She acted in reliance on his promises.
  彼女は彼の約束を信頼[当てに]して行動した。

 ・Don't put too much reliance on her statement.
  彼女の言葉を信用しすぎてはいけない。

 ・There's an excessive reliance on the use of force
  by this administration.
  この政府は武力に過剰に依存している。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:12937 t:5 y:14