トップ名 詞trip, vacation

trip, vacation「旅行」意味の違い、使い分け

今回は名詞の同意語で、「旅行」という意味をもつ tripvacation の2つについて。

どちらも、日本でもよく耳にする語でいろんなところで使われていますが、英語の意味としてはそれぞれ表している部分が異なります。

正しく使い分けるため、それぞれの意味の違いと使い分け方について再確認してみました。


① trip : 旅行

trip

trip は最も一般的な「旅行」という意味を持つ、くだけだ単語。
a trip to the store (店まで出かけること)
a trip to Africa   (アフリカ旅行)
などのように、目的地が遠<ても近<ても使うことができる。

例文:
He saved money for the trip.
彼はその旅行のためにお金を貯めた。

How did you enjoy your trip to Mexico?
メキシコ旅行はいかがでしたか?
 

 

② vacation : 休暇

vacation

vacation の元々の意味は「家を空けること」。
短い休憩ではなくて長期に渡る休暇を意味している。

He's on vacation.
というと、
「家を空けて、楽しい休暇 (旅行) に出かけている」
という意味になる。

trip が出かけることを強調している一方、
vacation は出かけて、休息したり気晴らしをしている状態を強調している。

例文:
How did you enjoy your vacation in Hawaii?
ハワイでの休暇 (旅行) はいかがでしたか?

I decided on a trip to Singapore for my vacation.
私は休みを利用してシンガポールへ旅行することに決めた。

③ 使い分けの例

「長い旅」 という場合:
下記、どちらの表現も可能であるが、表現の力点が異なる。
a long trip
「遠方への旅行」 を意味し、距離に力点が置かれている。
a long vacation
「長期休暇」。家を留守にしている時間的長さが強調される。

「休暇」 という場合:
「休暇」 つまり 「仕事を離れて休暇を楽しんでいること」 を表すには vacation しか使えない。
a vacation from work が適切。
a trip from work とした場合は不適切。

「全国横断旅行」 という場合:
a cross-country trip と表現するのが適切。
vacation は通常1ヵ所で休んだり、気晴らしすることを表すので使えない。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:353 t:4 y:2