トップ動 詞throw, toss, cast「投げる」

throw, toss, cast「投げる」意味の違い、使い分け

今回は「投げる」の意味で使う throw, toss, cast の3つの類義語
の使い方を学習します。

throwtoss はスポーツなどでよく使われています。
cast は(個人的には)あまり使わないのですが・・・。


throw : 投げる

手と腕を使ってものを「投げる」という意味での最も一般的な語。
ものを投げる、ほうる、…をねらって投げつける・・など。

towel(タオル), dice(さいころ)のような具体的なものを投げる
場合もありますが、

tantrum(癇癪), suspicion(疑い)のような抽象的な感情を「投げ
かける」という意味でも使います。

例文:
He threw the parcel to me.
彼はその包みを私へほうってよこした.

The demonstrators threw stones at the police.
デモ隊は警官隊に向かって石を投げつけた.

Do not throw pearls to swine.
豚に真珠を投げ与えるな。(豚に真珠)

 

toss : 軽々しく無造作に投げる

軽いものを投げる場合や、投げ方が注意のない無造作なものだったり、
ぞんざいだったりするような場合に使います。

上に向けて軽く投げる、ものをぽいと投げる、〔コインを〕放り上げ
る・・というようなとき。

結びつくものを見ると、ほとんどが具体的なものになります。
coin, head, air, jacket, paper

throwcast のように doubt(疑い)などのような抽象的な単語が
来ない点に注意しましょう。

例文:
In the NFL they toss a coin to decide who gets the ball first.
NFLではどちらが最初にボールをとるかをコインをトスして決める。

She tossed her hair back and gave me a smile.
彼女は髪をうしろにかきあげて、笑ってみせた。

She tossed a bone to the dog.
彼女はその犬に骨を投げてやった.

cast : 特に抽象的なものを投げかける

「軽いものを投げる」という意味のやや形式ばった語。

目的語を見るとわかるように、
・光や影      light, shadow
・感情       doubt
・ちらっと見る動作 eye, glance, look
・魔法       spell

のように、具体的なものよりは抽象的な名詞が多く来るようです。

throw でもこれらの表現がある程度可能ですが、cast とはより結び
つきが強いのです。

cast a vote は「一票を投じる」という意味ですが、throw a vote
は言いません。

cast a pebble against a window
(中にいる人の注意を引くために)窓に小石を投げる.

例文:
She cast a glance my way while she was pouring tea into my cup.
彼女は私のカップに紅茶をつぎながら、私のほうをちらっと見た。

If I were a witch I'd cast a spell on my husband.
もしもわたしが魔女だったら、夫に魔法をかけてしまうのに。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:7777 t:4 y:7