トップ動 詞teach, train, educate「教える」

teach, train, educate「教える」意味の違い

今回はきっちりニュアンスはわかっているものの、説明はうまくできないかもしれないという、3つの聞き慣れた同意語になります。


teach : 「教える」の最も一般的な語

teach は、「教える」という意味の最も一般的で幅広い文脈に用いられる表現です。学習者が新しい知識を習得もしくは活用することを助けることを意味します。

人に知識を「教える」だけではなく、技能を「教える」という意味もあるので、skillやlanguageがよく目的語にきます。

また「学校で教える」という側面があるので lesson, child, student といった名詞がくることも多いです。教えるのは必ずしも教師だけとは限りません。

例文:
I will teach you to play basketball.
バスケットボールのやり方を教えますよ。

She is teaching students how to speak English.
彼女は学生に英会話を教えている。

 

train : 特定の目的を達成するために教える、訓練する

train は人だけでなく動物などにも、ある特定の目的を達成するために「教える」ことを意味します。

「実践的な技術や知識を教えて、何かをできるようにする」という意味合いが強いため、技術を身につけるべき人や物が目的語にきます。

例文:
I was trained to use the machine.
わたしはその機械の使い方の訓練を受けた。

I must train my staff to improve service.
サービスを向上させるようスタッフを訓練しなければなりません。

educate : 長期的に教育を施す、教育する

educateは、長期間にわたって幅広い知識を与えながら、生きるために必要な教養や知識など教え、人を「育てる」という意味になります。

人が持っている潜在的な素質や能力を引き出し、さらにはそれを発達させてあげるというニュアンス。教育して大きな結果をもたらすことを暗示する語です。

例文:
I need to educate drivers about child passenger safety.
車を運転する人に子供の歩行者の安全について教える必要がある。

Our mission is to educate students about the importance of peace.
彼らの使命は生徒に平和の重要性を教えることだ。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:9093 t:3 y:1