トップ名 詞sum, total

sum, total「合計」意味の違い、使い分け

今回の同意語は名詞で、「合計」という意味をもつ sumtotal の2つ。
total はもう日本語として定着している語ですが、sum はエクセルの関数名として出てきたりしますが、まだまだ定着していると言えるほどではないですね。

どちらも足した結果の数値を表しますが、使い方の違いは主に慣用によって決まっているので、あらためてその違いと使い分けについてまとめ直してみました。


① sum : 和 (合計)

sum

「合計、和、計」という意味で、2つ3つの数値の合計など、簡単な数学問題の解答や小さな数値によく使われます。

例文:
What's the sum of 6 and 7?
6足す7はいくつですか?

Every even number is the sum of two primes.
あらゆる偶数は、二つの素数の和です。

The sum of the two angles must be less than 360 degrees.
2つの角度の和は360未満である必要があります
 

 

② total : 総計

total

「合計、総計、総数」という意味で、業務などで使う残高計算書に見られるような、数字が続くリストの合計や大きな数値などに用いられます。

例文:
What was the total amount of sales this year?
今年の総売上はいくらですか?

Display total amounts in this currency.
この通貨での合計金額を表示します。

This is the total headcount of employee assignments.
これは、従業員アサイメントの合計人数です。

③ 使い分けの例

sum と total は、ほとんどどの場合に置き換え可能ですが、そうでないケースについて、少し例をあげてみます。

「総合計」 という場合:
the sum total または the total sum と表現する。

「3足す2の合計」 という場合:
簡単な足し算の場合、通常は sum を使うので、the sum of 3 and 2 と表現するのが適切。 the total of 3 and 2 は不適切。

「小計」 という場合:
多くの数値の合計が tolal なので、その小計は a sub-total と表現するのが適切。a sub-sum という言い方はない。

「本の総数」 という場合:
the total number of books と表現します。total number [amount] of ~ は慣用表現。the sum number of ~ は意味不明の表現。

トップP/接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他


a:1234 t:6 y:8