トップ名 詞subject, topic, theme

subject, topic, theme「主題」意味の違い、使い分け

いずれも「主題」、「議題」、「題目」、「テーマ」というような意味を表す類義語
である subject, topic, theme.
日本語で訳したときの意味は、いずれも同じような意味になりますが、対象とする部分にその違いがあります。今回は、これらの意味の違いと使い分けについてまとめました。


subject : 大きな科目

subject

・会話をする時の「話題
・研究や論文などでの「分野、学科、テーマ
・学校や教育の場などでの「教科
・芸術において表される「場面題材
・何かの実験や研究の対象になる「動物
などを幅広く指して使われます。

その意味するところは、対象とする範囲における「大きな項目」を指します。たくさんある中項目、小項目を幅広くカバーして1つに束ねたもの(主題、分野)
というイメージです。

topic は次の項の説明通りですが、中項目や小項目が topic であり、subject はそれらを束ねている大きな(上位の)項目であるというところが、その違いになります。

例文:
Let's drop the subject.
その話題はこのくらいにしましょう.

He studied four subjects in his first year at college.
彼は大学1年生の時に4科目勉強した.

The subject of the painting is the birth of Venus.
その絵の題材は,ビーナスの誕生である。

 

topic : 小さな科目

topic

随筆や演説、討論などにおける個別の主題(中項目、小項目)を指します。subject の示す対象部分がどの部分かによって、相対的に topic の対象が定まります。

例えば、subject が「世界」を指すケースならば、topic は「経済」や「環境」を指したりすることになります。もしも、subject が「環境」を指すような場合は、topic は「温暖化現象」や「異常気象」、「大気汚染」などの項目を指すことになったりします。

例文:
That's not my favorite topic.
私はそういう話は苦手です。

He changed the topic of conversation.
彼は話題を変えました。

The topic of tonight's speech is Trade Friction.
今夜の演説のトピックは貿易摩擦です。

theme : 特定の科目

theme

・話しや本などの「主題
・映画やミュージカル、ラジオやテレビなどの「番組
・コマーシャルの中の歌やメロディー(=テーマ音楽
などを指します。

ただし、日常会話などではこれら3つの語の違いは小さくて、受け取るニュアンスが大きく異なるということはありません。subject は主題であり、topic はその中の一つの項目を示すという部分を、まずはしっかり頭の隅にとどめておけば良いでしょう。

例文:
I am opposed to that theme.
私はそのテーマについて反対です。

What is the theme of this lecture?
この講義のテーマは何ですか?

I will conduct research on this theme.
私はこのテーマで研究を行います。

接続詞/副 詞/動 詞/形容詞/名 詞/時 間/場 所/前置詞/その他
 

a:369 t:4 y:8