スポンサーリンク   トップ形容詞strong, powerful, intense

strong, powerful, intense「強い」違い、使い分け

 日常の会話で天気のことを話すとき、よく strong wind とか powerful
 typhoon などと使っていますが、同じような意味の intense はあまり
 使ったことがありません。

 今回はこれら3語 strong, powerful, intense の意味合いと使い方に
 ついて復習しました。


 

strong : 「強い」を表わす最も一般的な語

 「強い」を表わす最も一般的な語になります。

 物理的強度や力強さ(例:a strong wind)を基本的な意味として、
 そこから、

 感情(例:strong feeling)やつながりの強さ(例:a strong link)
 に言い及んだり、さらには、影響力(例:a strong influence)を表
 したりもします。

 例文:
 ・A strong wind from the northeast will come our way
  / tomorrow morning.
  明日の朝には北東からの強い風が吹いてくるでしょう。

 ・I have a strong feeling that this isn't going to turn out well.
  これはうまくいかないだろうという気が強くする。

powerful : 影響力が大きい

 人や物に影響を及ぼす力があることを、基本的な意味としています。

 a powerful tool for change
 a powerful influence on young people

 などの例にその特徴が表れています。

 例文:
 ・Relifious faith can be a powerful tool for change.
  宗教的信仰は変化への強力な道具となりうる。

 ・Professional athletes have a powerful influence on young people.
  プロスポーツ選手は若者に強い影響をもっている。(与える)

intense : 性質や程度が非常に強い

 strong や powerful に比べると、対象の範囲がより限定されています。

 物理的な熱や光の強さ(the intense heat)を表現したり、感情や
 思想、行動の激しさや強さ(intense competition)などを表します。

 ・強力ビーム    intense beam
 ・光の強い作用   intense action of light
 ・激しい背中の痛み intense back pain
 ・激しい葛藤    intense conflict

 例文:
 ・I kept the air conditionning on all day long
      / because of the intense heat.
  すごい暑さだったので
      / 1日中エアコンをつけっぱなしにしていた。

 ・I've had intense interest in space exploration
      / since I was a child.
  子供のころから
      / わたしは宇宙探査に強い興味があった。
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:6750 t:1 y:6