トップ意味違いワンポイントstreetとroadの違い

streetとroadの違い

今回は「道路、通り」という意味で使われる streetroad の違いです。
ほとんどの人は特に悩む必要のない単語かも知れませんが、あえて2つの語の違いを整理しておきたくて、まとめました。

street は、

street

通常、大型車の往来が頻繁にあって、多くの活動が行われる場所です。
Union Street のように実際の固有名詞の一部としても使われます。
ちなみに住所上の表記では、street は「St.」で、road は「Rd.」というように省略されます。

The house is at the top of the street.
その家は通りの上手にあります。

He live on a busy street in the city.
彼は街の混み合った通りに住んでいます。

road は、

road

street ほど交通量や人の往来が激しくないものを指します。
road は、大きな都市にもあるかもしれませんが、どちらかというと田舎にあるというイメージです。

All roads lead to Rome.
すべての道はローマに通ず。

He live along a road in the country.
彼は田舎の道路沿いに住んでいます。

表現の例

■田舎道:
country roads
 ジョン・デンバーの曲にもあるように、一般的に使われます。

・country streets → ×
 このような表現は使われていません。

■混んでいる道路:
a busy road
 交通量が激しい道路。

a busy street
 車の数も歩いている人の数も多いことを表します。

■道路標識:
a road sign
 通常、走行制限速度や次の町までの距離を表示。

a street sign
 その場所がどの street にあたるかの現在位置表示が多い。

前:throw awayとthrow outの違い
前:thanksとthank youの違い
 

a:594 t:1 y:1